ノリオメモ

『オープン・スペース 2017 未来の再創造』は無料でメディア・アートを堪能できる

投稿日:

今回紹介するのは『オープン・スペース 2017』です。

調べたら毎年やっているイベントらしいですが、メディア・アートを無料で堪能できます。

場所は初台。

ちなみに私は新宿から歩きました。

幡ヶ谷や笹塚からでも歩けます。

場所はオペラシティ内。

初めて中に入りましたが、ところどころでアートを感じることのできるビル内になっています。

『オープン・スペース 2017 未来の再創造』は無料でメディア・アートを堪能できる

特に受付も必要なく入場料無料で自由に見ることができます。

ただ写真の撮影に関しては、写真OKのマークが出ている展示のみになります。

緒方壽人(Takram)《Oto-megane》

置いてある【音めがね】を使うことでだけ映像を見ることができます。

仕組みが理解できてないので面白い。。。。。

岩井俊雄《マシュマロモニター》

白いマシュマロのような形をしたモニター。

カメラによって撮影されるのですが、モニターには自分が歪んで見えます。

しかし止まっているものには反応せず、動くものだけが歪むそう。

撮影NG。

アイデアはどこからやってくる? (14歳の世渡り術)
岩井 俊雄
河出書房新社
売り上げランキング: 385,238

岩井俊雄《マシュマロスコープ》

マシュマロモニターとちょっと似てる。

こちらも撮影NG。

カイル・マクドナルド《群衆を書き尽くす》

http://www.exhaustingacrowd.com/birmingham

こうやって遊ぶらしいです。

『水色だよ』って出てくる。。。。

スグウェン・チャン《ドローイング・オペレーションズ・ユニット:ジェネレーション2(メモリー)》



ロボットが絵を書いてくれます。

こういうのと比べちゃまずいか。。。。

徳井直生+堂園翔矢(Qosmo)《The Latent Future——潜在する未来》

撮影NG。

三原聡一郎《  鈴》

広い部屋の中心にポツンと置かれた電球。

本作は科学技術の発展した現代において,人間が知覚出来ないエネルギーを扱うことをテーマにした作品です.ガラスドーム内の電子回路に含まれたガイガー゠ミュラー計数管(GM管)が環境放射線を検知すると,同じくドーム内に収められたガラスベルが,風鈴のように音をたてます.

この作品は,風鈴の起源とされる,邪気を捉えて払うために吊るされたといういわれをモチーフとしています.人の知覚外にある存在は,その性質ゆえに畏れという感情を喚起しますが,知覚できるものに(理屈上)転化することで,その畏れを克服しようとしました.

放射線は19世紀末に発見され,核物理学の進歩を促し,現在では乾電池駆動の放射線計測器が市販されるほど身近になりました.科学的に定量的に捉えられるエネルギーであることが分かった現在でも,他の物質やエネルギーに比べると,緊張感をもって数値に臨むことが多いでしょう.その不思議な感覚を「現代の邪悪なるもの*」の概念を通じて作者は本作品を通して今も考えています.

この作品の根幹はリアルタイム・センシングです.世界各地で現在進行形である本テーマを,メタファーや痕跡を越え,実際の計測に基づき捉えようとしています.ガラスドーム越しに不規則に聞こえてくる鈴の静かな音に耳をすますと,世界との向き合い方についてあらためて考えるきっかけになるでしょう.

難しい。。。。

evala《See by your ears》

[See by your ears]は,完全暗転した暗闇の中で,音の粒が飛び跳ね,うねり,「耳で視る」というまったく新しい聴覚体験をもたらすサウンド・プロジェクトです.

完全予約制で体験できず。

ユェン・グァンミン《微笑む木馬》

ディスプレイに映る,木馬に乗った女の子が,木馬を揺らし始めると,木馬と女の子はディスプレイの中で静止しているのに,逆に背景の含まれる映像の画角全体が木馬の揺れに伴って大きく左右に揺さぶられます.

撮影NG。

ユェン・グァンミン《エネルギーの風景》

鳥の視点からとらえたさまざまな風景が次々に映し出されていきます。

ナレーションも字幕もなし。

廃墟となって雑草に覆われたメリーゴーラウンド、未完のまま廃墟となった集合住宅、台湾南部の沖合の小島にある小学校と放射性廃棄物貯蔵施設、さらに海水浴場とその先に見える原子力発電所や風力発電機、原子力発電所の制御室など。

以前紹介した『人類遺産』とかなり似ています。

撮影はドローンとケーブルカムによって撮影されたそうです。

ちなみにこの作品は東日本大震災をきっかけに制作されたそうで、環境が人間の意思や行為に関わらず決定的に変わってしまう可能性、私たちの生活を支えるエネルギーの在り方について問いかけています。

これかなり良かった。

撮影NG。

慶應義塾大学 松川昌平研究室+SBC合同研究会+archiroid

慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)では,SBC(Student Build Campus)と題した,SFCに学生・教員・職員が一丸となって「大学の未来とは何か」という問いに取り組み,新しい滞在型教育研究施設を共創するプロジェクトが進行中です.今年度は,第二期の施設が完成予定のほか,松川研究室の主導による第三期の設計作業が進められています.本展では,第三期の設計のプロセスそのものを展示します.

慶應義塾大学 鳴川肇研究室

鳴川研究室では,美術とエンジニアリングに共通するツールとして立体幾何学をとらえ,ジオデシックドームと呼ばれる軽量構造物の設計,テンセグリティー構造と呼ばれる軽量構造体の研究,オーサグラフと名付けた歪みの非常に少ない世界地図図法の開発などを行なっています.本展では,オーサグラフを用いたテーマ地図などを展示することにより,世界の見かたを更新する可能性を提起します.

オーラ・サッツ《銃弾と弾痕のあいだ》

《銃弾と弾痕のあいだ》は,発射された弾丸などの移動と挙動に関する学問の一分野である弾道学と,初期の数値計算における女性の役割についての映像作品です.1946年にアメリカ陸軍が弾道計算のために開発した最初期のコンピュータ,ENIACのプログラミングには6人の女性が従事していたことが知られています.第二次世界大戦において,弾道研究に従事した女性の主な任務は,二つの既知のデータ(発射地点と被弾地点)から,その間の欠けているデータを推測することでした.作品は,高速弾丸写真,弾丸波画像などの特殊な映像やコンピュータのパンチカードなどを用いて,この二つの点,弾丸と穴,加害者と被害者,存在と不在,といったギャップをいかに読み解くかを考察します.なお,弾道学は,現在の宇宙開発にも応用されるなど,軍事利用に留まらない科学研究分野となっています.《銃弾と弾痕のあいだで揺らめいて》は,その二つの点を見る角度によって絵柄が変化するように,レンチキュラー・レンズを使って制作された作品です.

撮影NG。

オーラ・サッツ《銃弾と弾痕のあいだで揺らめいて》

撮影NG。

グレゴリー・バーサミアン《ジャグラー》

こちらは1997年の作品ですが、かなり良かったです。

ゾーイトロープを応用したアニメーション。

残念ながら撮影NG。

そしてずっと見てるとかなり疲れます。。。。

リサーチ・コンプレックス NTT R&D @ICC

光るスピーカーだったので、『元々光るのか?光るように改造したのか?』と気になって調べたら、Numark(ヌマーク)から出てました。。。。

こちらは『振動電話”ふるえ”』。2人1組で遊びます。

まず専用バンドをお腹に巻いて電話ボックスに入ります。

ボタンを押すと、相手にその振動が伝わるというもの。

押すボタンによって相手に伝わる振動パターンが変化します。

リサーチ・コンプレックス NTT R&D @ICC×多元質感知「質感の再編集 Trans-materiality」

nor《herering》

コントローラーを振り回すと部屋が明るくなり音が鳴ります。

小林椋《盛るとのるソー》


『オープン・スペース 2017 未来の再創造』へのアクセス

<会期>
2017年5月27日(土)—2018年3月11日(日)

<住所>
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

<開館時間>
午前11時—午後6時

<電話番号>
0120-144-199

<公式ホームページ>
ICC | オープン・スペース 2017 未来の再創造

まとめ

かなり濃密な展覧会になっています。

説明が難しく解説できないものもたくさんあるので、興味のある方はぜひ。

個人的には落合陽一の展覧会に似ているなーと。

要するに落合陽一好きなら好きなはず。

すべて写真OKにしてくれたらもっと嬉しいですが。。。。

ちなみにこれを見るきっかけになったのは、これから書くイベントを見たかったので行ってみたら、横でこれが開催されていたという。。。。

メディア・アートパフォーマンス『藤井直敬+GRINDER-MAN+evala《Neighbor》』を体験してきた

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

完全会員制のカレー屋『6curry』に行ってきた!!

今回は、完全会員制のカレー屋『6curry』に行ってきました。 というのも、私は会員ではないのですが、のぶりん(@yamanishifarm )が一日店長をしていたので、その紹介で潜入。 あやかちゃん …

【PR】発注からタスク、請求書までを一括で管理してくれる『pasture』を使ってみた

今回紹介するのは、『エン転職』などでおなじみのエン・ジャパン株式会社が提供する『pasture』というサービスの紹介です。 こちらは『#はあちゅうサロン』のブロガー部がREQU内で提供しているPR記事 …

日本銀行の見学に行ってきた

前々から行ってみたいと思ってた、日本銀行の見学に行ってきました。 そもそも日本銀行が見学できるって知ってましたか? 事前予約制だったり、身分証の提出など、いろいろありますが、無料で見学することができ …

野村恵子「Otari-Pristine Peaks(オタリ プリスティン ピークス) 山霊の庭」(#雑レポート)

北アルプスの小さな集落、信州長野県の小谷村(おたりむら)を4年の歳月をかけて撮影した作品たち。 いのちと向き合う、いのちをつなぐとはどういうことなのか、を改めて考えた作品。 若干、閲覧注意な写真もあり …

#飯メモ:Brigela(ブリジェラ)清澄白河本店

記事を書いている人 ノリオメモ(@noriomemo ) 株式会社NOOE.TOKYO 代表取締役兼COO。美容健康系メディアなどの運営を経て、2018年5月、起業家と投資家をマッチングさせる『CHA …

根本敬の『樹海』がピカソの名画『ゲルニカ』サイズで圧巻

今回紹介するのは根本敬『樹海』です。 場所はMIZUMA ART GALLERY。 飯田橋駅と市ヶ谷駅の間くらいですね。 一瞬入り方がわかりませんが、階段を昇ればいいだけでした。 中に入ると、いきなり …

ノリオのVALU日記 #55『ノリオVALU、日本円に対応します』

『VALUはビットコインで買うもの』というのは、当たり前な共通認識だと思いますが、『VALUやりたいけど、仮想通貨の取引所に登録できない』という人ももしかしたらいるかもしれません。 ということで、ノリ …

人気のページ

アーカイブ


TOP