オカリンメモ

『父という余分なもの』サルに探る文明の起源/山極寿一

投稿日:2017年7月25日 更新日:

父という余分なもの: サルに探る文明の起源 (新潮文庫)
山極 寿一
新潮社 (2015-01-28)
売り上げランキング: 12,728

書評とか読書感想文とかを書くのは大変なので、読書メモをそのまま公開するスタイルで。
つまり自分のためのメモなので、他人にとっては意味がないかもってことで。

山極壽一さんのこの本を買うことになったきっかけはYoutubeの講演を偶然見つけて聞いたから。

存在は前から存じ上げていたのですが、本を買って読むまででもなかった感じ。
そう言えばほぼ日での糸井さんとの対談も面白かった。

おさるの年にゴリラの話を。-ほぼ日刊イトイ新聞

さて、講演とか対談とかでちょくちょくと山極さんの研究の話は知っていたのですが、『父という余分なもの』という刺激的なタイトルに惹かれてこの本を手にしてみました。

これから読み進めながらメモをとっていきたいと思います。
文章がまとまってから公開ではなく、随時更新というスタイルですので、よろしくです。

エピローグ 父という余分なもの

ここでは人間は父親という存在にこだわりつづけているが、サルには父親はいないということについて書かれています。

ただし、テナガザルとゴリラには人類社会の父親に似た役割がある。

スポンサーリンク

-オカリンメモ

執筆者:

関連記事

「自分のことを好きにならないとダメだよ」とか言うやつはだいたいクソ#2

「自分のことを好きにならないとダメだよ」とか言うやつはだいたいクソとかいうタイトルでなんとなく始めてしまったこのシリーズだが、正直こういうことを言うやつのことは嫌いである。 他人がこういうことを書いて …

興味がないことはガン無視で大丈夫!

誰しも「それぐらい知っておかないと恥ずかしいから」という理由で何かを調べた経験はありますよね。 でもそれは一番非効率な情報収集の方法になります。 逆に、自分が気になることだけを調べることが一番効率的な …

第一次世界大戦でなぜドイツの暗号解読が遅れたのか

第一次世界大戦でフランスは暗号解読ではドイツより大幅に進んでいたのだが、なぜか。 それはドイツがフランス領まで軍を進めていたから。 ドイツ軍はフランス領に進んでいたから、通信は無線を使うしかなく、フラ …

ひろゆきがVALUをやらない理由

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 posted with amazlet at 17.08.27 ひろゆき 大和書房 売り上げランキング: 366 Amazon.co.j …

『書だ!石川九楊展』に行ってきた

『書だ!石川九楊展』に行った。 とても面白かった。 せっかくなので感想を書いておきたい。 でも石川九楊さんのことは名前ぐらいしか知らないので、作品の凄さをちゃんと説明できるとは思わない。 なので本当に …

植物も癌になるのか

ぼけーっとバナナの病気のBlack Sigatokaの話を英語で聴いていて、 cancerって聞こえたので、 あれ?そう言えば植物も癌になったりするのか?と思ったわけです。 実際のBlack Siga …

行動派VS思考派とかって意味ある?

NYT記事「レイプ」「執行猶予付き判決」を誤訳した女性に、池内恵先生が誤訳を指摘したら、他の人達から噛み付かれまくってる これについて何か言おうかな、って思ったんだけど、 意外と話の裾野が広がりすぎて …


TOP