ノリオメモ

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』レビュー※ネタバレ注意

投稿日:2017年2月6日 更新日:

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』の試写会に行ってきたので、感想でも。

IMG_1933

突然妻が死んだ。悲しいはずなのになぜかまったく辛くない。

空虚な心を持った男は、ある日自動販売機の不備の苦情の手紙と共にそのことについて綴ったことをキッカケに、苦情係のシングルマザーに惹かれていくという話。

720点/1,000点



なんで洋画に勝手に邦題付けるの?

まずタイトルがどうなのかなと。

個人的にはもっとシンプルなものにした方がいい。

『雨の日はー雨の日のーータイトルなんだっけ?』ってなってしまうからだ。

実際検索しようとするといつも忘れてしまうこのタイトル。

ちなみに原題が『DEMORITION』。

『セッション』の時も思ったが、なぜ邦画はわざわざ無駄にタイトルを変えるのだろうか。

劇中で雨とか晴れとか関係ないじゃん。

(ちなみにセッションの原題は『WHIPLASH』)

セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]
ギャガ (2015-10-21)
売り上げランキング: 295

タイトルを変えることで、物語の感じ方や捉え方に違いが出る場合もあるような気がする。

タイトルはなるべく原題に忠実に行くべし!!

では話を戻して。

『ジェイク・ギレンホールだから』見に行った

この映画で一番重要なのは主役がジェイク・ギレンホールであるということ。もうそれだけ。

2015年の『ナイトクローラー』で魅せた演技は冷静かつ狂気に満ちており、素晴らしい演技だった。

ナイトクローラー [Blu-ray]
ギャガ (2016-02-19)
売り上げランキング: 8,125

あれ以来すっかりジェイク・ギレンホールの大ファン。

監督がどうとか物語がどうかそんなことは関係ない。

『ジェイク・ギレンホールだから』見に行ったのだ。

内容と感想

妻が死んだのに涙も出ない主人公デイヴィス。

妻が死ぬ直前、『冷蔵庫の水漏れを直して』と言われたことを思い出し、冷蔵庫を開けると『早く直して』のメモ貼りが。

妻の父から『心の修理も自動車の修理も同じことだ まず分解しろ』と言われ、冷蔵庫も家も会社のトイレもオフィスも、そして自分の心も全部ぶっ壊していく。

途中、わざわざ解体屋に金を支払って手伝わせてもらうシーンがある。

これが心を分解していくために行っていたのか、それとも単純に破壊行為に快楽を得ていたからなのかは自分にもわからない。もしかしたら主人公自身にもわからないのかもしれない。

解体屋の手伝いで家の解体を学んでから自分の家を全部壊していたので、自分の家を解体するためのノウハウを学んでいたのかもしれない。

インタビューではこのように語っています。

『ギレンホールは「この映画は、それまで存在していたものをぶっ壊すんだ。それが幸せな思い出であろうと、苦しい記憶であろうとね。そして“破壊する”とは“変化する”ことの暗喩なんだ。深く悲しむべき状況で自分が変わらなくてはいけないときに、文字通り自宅を破壊し始めるんだよ(笑)! 悲しみから癒されるためにしたことが“破壊行動”というのはユーモアがあるし、それが何よりこの映画の魅力だと思う」と語っている。』

映画.com – “壊れかけ”のJ・ギレンホール!?「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」日本初公開ビジュアル

そんな中でデイヴィスはカレンという苦情係のシングルマザーと出会う。

というのも、デイヴィスが送った苦情の内容を読んで面白がってちょっかいかけてきたんだから、なかなかのコンプライアンスだ。(しかも面白がって途中デイヴィスを尾行してるし)

しかもカレンには別の男がいて、次第にデイヴィスに惹かれていってしまう。

だんだんめちゃくちゃになっていきます。

次第に惹かれ合っていく二人。デイヴィスはカレンの息子クリスとも仲良くなって行く。

終盤にクリスと自分の家をすべてぶっ壊すんだけど、すべてを壊した末に見えたものは、死んだ妻が妊娠していたという事実。

しかもそれを妻の両親に問いただしたところ、別の男との子だったので中絶させたとのこと。

いよいよアウトレイジ曰くの『全員悪役』な感じになってきました。

ラストではあんなに険悪だった妻の父とも和解し、妻の基金で壊れたメリーゴーランドを直します。

クリスは高校生らしく反骨心とジェンダーな悩みを抱え、しまいにはそれが原因で6人から袋叩きにあい意識不明に。

もうめちゃくちゃで、どう解釈していけばいいのかわかりませんでした。
(2回以上見ろってことか?)

好きなシーン

今回の映画の好きなシーンは、デイヴィスとカレンの息子クリスのシーン。

クリスが銃の玩具で遊んでいるのを見て、本物の銃を撃たせてあげるデイヴィス。

そして何か的がないかなと思ったデイヴィスはおもむろに車のトランクへ。

取り出したのは防弾チョッキ。

そう。自分を的にして撃たせたのだ。

防弾チョッキを着たデイヴィスがクリスの前に立った瞬間、客席から若干の悲鳴が聞こえた。

クリスはまだ高校生。しかも銃の取扱いなんてしたことがないド素人。

チョッキ以外の部分を撃ち抜かれたら死ぬ可能性すらあるのに、デイヴィスはなぜ自分を撃たせたのか。

もしかしたら心が崩壊していて『これで死んだらそれはそれでいいさ』という感情でもあったのだろうか。

見ている時はそこまで考えるもなく単純に『あほやな。このおっさん。』という感想だった。

あと、自分の家を解体している時にハンマーなどでは限界があったようで、しばらく休憩しているとショベルカーがやってきた。

その時にデイヴィスが言った『今はなんでもネットで買える時代さ』というセリフが好きでした。

まとめ

いかがでしたか。

『ナイトクローラー』ほどの狂気は出ていませんが、より人間らしく、本能のまま、感情の赴くままに生きているデイヴィスには好感が持てます。

2017年2月18日(土)より新宿シネマカリテ他全国の劇場で上映されるというこで、興味のある人は見に行ってみましょー。

オススメです!!

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う [DVD]
TCエンタテインメント (2017-09-22)
売り上げランキング: 2,501

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

PLAY+.(プレイタス.)でいろんな新種目スポーツを体験してきたよ

PLAY+.(プレイタス.)とは、新たなスポーツプラットフォームサービスで、個人から法人、民間から行政まで、幅広い層が利用しているサービスです。 今回はそんなPLAY+.(プレイタス.)で行われている …

AbemaTVの『ONE DAY』で格闘家の知られざる素顔が見れる

ここ数年で本当に格闘技の番組が増えました。 PRIDEが終わってからの日本の格闘技は本当に閑散としていて、TBSの深夜でDREAM、テレビ東京の深夜で戦極。 しかもほどダイジェスト放送という。。。。 …

長井朋子展『Thousands of Finches』

随分前に行った個展ですが、掲載していなかったので、簡単に掲載。 タイトルの『Thousands of Finches』とは直訳すると『たくさんの小鳥たち』という意味で、枠の中にさまざまな動物やモチーフ …

3種類の柿を食べ比べてみた

秋といえば柿。柿といえば秋。 AKIにKを足したらKAKI。 基本的に果物は全般好きな私ですが、もちろん柿も大好きです。 スーパーで数種類の柿が売っていたので、食べ比べしてみました。 3種類の柿を食べ …

イタドリの生命力よ|渡邊耕一『Moving Plants』

今回紹介するのは渡邊耕一『Moving Plants』です。 渡邊が10年以上撮り続けているイタドリがテーマになっています。 そのなかでも、渡邊が10年以上にわたって撮りつづけているのが、イタドリとい …

スタバのコーヒーセミナーを受けてきた

今回はスタバのコーヒーセミナーに行ってきました。 『スタバのコーヒーセミナーって何?』という方のために簡単に説明しますと、スターバックスが定期的に行っているコーヒーのセミナーですね。 コーヒーの基礎知 …

AGCリノベーション展 『+DESIGN』で最先端のガラスを見てきた

今回行ってきたのはAGCリノベーション展 『+DESIGN』です。 場所はAGC Studio。 2017年10月17日(火)よりリニューアルオープンしそうです。 (リニューアル前を知らないけど) さ …

人気のページ

アーカイブ


TOP