オカリンメモ

なぜ今仮想通貨が盛り上がっているのか

投稿日:2018年1月6日 更新日:

仮想通貨流行ってますね。

なぜ今こんなに仮想通貨が盛り上がってるのか。

というかその前に、本当に仮想通貨って盛り上がってるの?

周りの人でビットコイン持ってるっていう人どれぐらいいる?

周りの人でスマホ持ってる人はどれぐらいいる?

まあ大体の人がスマホ持ってるよね。

で、スマホで電子マネー使ってる人どれぐらいいる?

東京だとiPhoneでもSuicaが使えるようになったので
かなり増えてきたかなっていう程度かな。

で、ビットコインに戻ると、それよりだいぶ少ないよね。

仮想通貨はまだまだ、いや、これからもかもしれないけど、
実用的な通貨の代わりというより、金(ゴールド)とおなじような投機対象として
盛り上がってるだけなので、一般の人の生活にまで浸透してるって感じではない。

仮想通貨バブルなんて言葉も出てきてるぐらいだし。

FXや先物どころか、株ですら未だに日本では普通の人にとっては
縁遠い存在で、これから所有する割合がどうなるかも不透明な感じ。

そんな中、仮想通貨はどうなんすか。

一つはグローバルな観点からジワジワくる可能性があること。

日本は未だに世界的に見れば経済的に大国で、人口もそれなりにあるので、
国内だけでいろんなことがぐるぐる回せるのでわかりにくいけど、
世界的に見たときに直接取り引きに使える通貨として
それなりに存在感が強まる可能性があるってこと。

もう一つは世界的な金余り状態なので
短期的なキャピタルゲインが見込まれる投機対象として
マネーが流れ続ける可能性。

チューリップ・バブルを例に出さなくても
つい最近とも言える.comバブルや日本の1980年代の資産バブルなど
短期的にある投機対象にマネーが集中することはよくあることだ。

ただ今回は特にネットの浸透のおかげで、
一般の人もアクセスしやすくなっていることが特徴と言えるかもしれない。

バブルは博打で危険で害があると思い込んでいる人も多い。
マネーが流れることで、確かにいろんな詐欺が横行するが、
いろんな人がいろんなサービスを試行錯誤することも事実だ。
(valuとかもね。)

その中から有益なサービスが生まれてきて、
一般の人の利益になることを期待しよう。

スポンサーリンク

-オカリンメモ

執筆者:

関連記事

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.3

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.2の続き 『リアリズム殺人事件』は中盤以降から原作とアニメでは全く話が違ってくる。 今回は原作について見ていこう。 原作版の中盤以降の …

VALU、ヒカル騒動の結論

まずあのVALUヒカル騒動の結論としては、どちらも違法性があることをしたとは言えない。 さらにヒカル側はVALUの規約違反すらしていない。 つまり何も問題はなかった、というのが実情だ。 いや、問題はな …

もしも福澤諭吉が関西弁で「学問のすゝめ」を書いたら「学問しぃや」が面白い

もしも福澤諭吉が関西弁で「学問のすゝめ」を書いたら「学問しぃや」 posted with amazlet at 17.11.28 (2017-10-24) 売り上げランキング: 462 Amazon. …

パーソナルモビリティが気になるけどどうなっていくんすかね

http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/personal_mobility/ ↑これトヨタのパーソナルモビリティのサイトなんですけど、どう思いますか? ドローンとかVRとか新 …

VALUはSNSとして発展するべき

VALUはまだ生まれたてのサービスなので、問題点をあげて批判するんじゃなくて、改善点をみんなで考えていくべきだ。 というかいちユーザーとすれば、別にVALUじゃなくてもよくて、理想のサービスが受けられ …

ひろゆきがVALUをやらない理由

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 posted with amazlet at 17.08.27 ひろゆき 大和書房 売り上げランキング: 366 Amazon.co.j …

第一次世界大戦でなぜドイツの暗号解読が遅れたのか

第一次世界大戦でフランスは暗号解読ではドイツより大幅に進んでいたのだが、なぜか。 それはドイツがフランス領まで軍を進めていたから。 ドイツ軍はフランス領に進んでいたから、通信は無線を使うしかなく、フラ …

人気のページ

アーカイブ


TOP