オカリンメモ

もしも福澤諭吉が関西弁で「学問のすゝめ」を書いたら「学問しぃや」が面白い

投稿日:

福沢諭吉の『学問のすすめ』という本の存在は誰しも知っていると思うが、読んだことがない人も多いだろう。

雑学的知識としては、『学問のすすめ』で「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」って書かれているけど、その後に「でも実際は人は平等になってない。格差の原因はその人が学問してるかしてないかだ。」と続くらしい、ということぐらいは知っている人も多い。

しかしそれぐらいのもので、一冊通してちゃんと読み込み、福沢諭吉の思想を理解している現代人はあまりいないと思う。

一万円札に載るぐらい凄い人なんだから、多分凄い人なんだろうとは思うし、慶應義塾大学の創設者だしちょっと興味があるけど、古い言葉で書かれていると読みにくいという人がいたら、現代関西弁訳の『もしも福澤諭吉が関西弁で「学問のすゝめ」を書いたら「学問しぃや」』を読んでみるといい。

この本は関西のお調子者のおっさんが喋っているような感じに訳されているので、最後までスラスラ読める。

それに関西弁と言っても、語尾やちょっとした言い回しが関西弁になっているだけで、関西人じゃなくても問題ない。

普通の現代語訳だと少しお勉強っぽくなるかもしれないが、これなら漫談を聞いているような感じで面白い。

しかもKindle Unlimitedなら無料だ。

この本の面白さを紹介するときには、『学問のすすめ』自体の話ではなく、関西弁訳にしたこの本独自の面白さを語るべきだとも考えたのだが、実際読んでみて思ったのが、福沢諭吉が面白いということ。

なので、せっかくなので『学問のすすめ』自体の中身の面白いところを紹介したい。

『学問のすすめ』は今読んでも面白い

まず『学問のすすめ』は明治の始めごろに書かれた本なので、内容が古くなってしまっているのではないかということについては、全く問題ない。

ほぼ現代でも通用する。

具体例などを挙げているところに時代を感じさせるものがあるが、そういったところを現代風に置き換えて、『学問のすすめ』を読んだことがない人に読ませれば明治時代の本だとは思わないだろう。

それぐらい全然古びていない。

現代では『学問のすすめ』は高校生や大学生ぐらいの人たちが読むといい自己啓発書として捉えられていると思う。

確かに面白いけど、大人になってしまった人も一冊を通して読むべきかと言われると微妙なところがある。

例えば「学問をしたほうがいいよ」「スピーチとかもおすすめ」「物理的にも精神的にも独立しよう」「悪いことしないだけ、食っていけてるだけでは全然立派じゃないよ」「なんでも盲目的に信じるのではなく、疑ってかかるべき」といったような内容は、もう汚れきった大人にとっては「頭ではそうすりゃいいとはわかっているけど、出来るかどうかは別」と言って済ましてしまうようなことだろう。

しかし、『学問のすすめ』はただの自己啓発書ではない。

明治時代に出版されたときも大いに炎上した問題作なのだ。

その炎上したところがとても重要なところで、現代でもアジア人には腑に落ちないような社会契約論というか、国家論というかが語られている。

次回はそのあたりについて書いてみたいと思う。

スポンサーリンク

-オカリンメモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.3

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.2の続き 『リアリズム殺人事件』は中盤以降から原作とアニメでは全く話が違ってくる。 今回は原作について見ていこう。 原作版の中盤以降の …

保毛尾田保毛男と差別問題について【その1】

保毛尾田保毛男問題についてある程度意見が出尽くしたようなので、なんか書いてみる。 保毛尾田保毛男問題の概要はこうだ。 9月28日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」の30周年記念特番で石 …

「自分のことを好きにならないとダメだよ」とか言うやつはだいたいクソ#1

消費したものや体験したものを紹介するレビュー系だけではなく、寝る前に目を閉じながら考えた思索系のものも書いていこうかな、と。 体調が悪いことが続いて、頻繁すぎるので風邪とかそんなんじゃないような気がす …

集中力を高めるためにやっていること

集中力がない。 いつもボーっとしているか、ダラっとネットを見て時間を無駄にしてしまう。 そこで何か集中力を高める方法はないか、と調べたり考えたりやってみたりしている。 まず、集中力がないときの自分の状 …

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてオマケ

あまりにもどうでもいい話なので、サクっといこう。 アニメ版『リアリズム殺人事件!?』の冒頭で、魔美が高畑さんに新聞を見せるシーン。 一時停止をして記事をよく読んで見ると… 「雄山」「士郎」「富井」 こ …

効率的な情報収集方法について

人生は限りがあり、時間は大切に使いたいですよね。 特に現代社会では効率のいい情報収集をすることが、自分の時間を大切にすることに直結します。 世の中にはなんでもよく知ってるなぁ、という博学タイプの人もい …

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.4

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.3の続き この『リアリズム殺人事件』は原作よりアニメ版の方がよく出来ているように感じているが、原作も素晴らしい作品であることは間違いな …


TOP