オカリンメモ

アフター・ビットコインって言われてもー

投稿日:2018年1月5日 更新日:

極東ブログ – [書評] アフター・ビットコイン(中島真志)

極東ブログでアフター・ビットコインが取り上げられてたので、
なんか仮想通貨について書いてみようかな。

仮想通貨系の話に関わらず、投機的なことの情報のほとんどは
感想文か願望文なので、読む必要はない。

しかし投機的なことや、違法合法に関わらず
儲けるために穴を見つけようとしてくれる人の存在は重要だ。

そういう人たちを想定しまくっても
揺るがないシステムを作っていかないと
新しいエコシステムが上手く回っていくことはない。

というわけで、ビットコインを始めとする
ブロックチェーンの技術を使った取引も
おそらく今のままでは定着しないだろうと思う。

アフター・ビットコインと言われても
この後どんな技術が出てきて
様々な問題を解決するのかなど誰にもわかるわけがない。

ただ、ブロックチェーンの技術のおかげで様々なAlternative Coinが出てきたり、
個人や法人がトークンを発行する動きが出てきたこと自体がとても重要だと思っている。

ブロックチェーンの技術は非中央集権型であることが重要のように思われているが、
別に中央集権型であること自体は何も問題ではない。

というか、おそらくトランザクションの問題を解決する方法として、
中央集権型と上手く組み合わせる手法が出てくる可能性のほうが高そうな気がする。

お札の偽造のしにくさの問題よりも、
その発行母体の信用のほうが重要であって、
今までは国家が国債などを裏付けとして発行した貨幣に
信用が集中してきただけなのだ。

つまり、例えばアマゾンのポイントはブロックチェーンですか?ってこと。

ビットコインか何かはわからないが、金本位制時代の金に当たる役割をする仮想通貨と
トランザクションがスムーズな交換用のデータという組み合わせがあり得るんじゃね、と。

株式会社や地方自治体単位でトークンを発行し、それ自体をやりとりするレイヤーと、
それを裏付けとしたデータをやりとりするレイヤーが出来るかもね。

とか言ってたら、素数の素因数分解以外のすごい暗号化技術が生まれるかもしれないし、
未来のことなどわかりませんですけどね、はい。

スポンサーリンク

-オカリンメモ

執筆者:

関連記事

保毛尾田保毛男と差別問題について【その2】

差別問題はもちろん性的マイノリティー差別以外にも、深刻なものがたくさんある。 しかし、保毛尾田問題は純粋な性的マイノリティー差別の問題だけではなく、タレントが行う表現についての問題やテレビというメディ …

『書だ!石川九楊展』に行ってきた

『書だ!石川九楊展』に行った。 とても面白かった。 せっかくなので感想を書いておきたい。 でも石川九楊さんのことは名前ぐらいしか知らないので、作品の凄さをちゃんと説明できるとは思わない。 なので本当に …

Twitterとブログ

Twitterは140文字という制限があるし、つぶやくというぐらいなので、1行だけでも問題がないが、ブログってなんとなくまとまった内容を書かないといけないような気がしてしまう。 そのため、腰が重くなり …

『父という余分なもの』サルに探る文明の起源/山極寿一

父という余分なもの: サルに探る文明の起源 (新潮文庫) posted with amazlet at 17.07.24 山極 寿一 新潮社 (2015-01-28) 売り上げランキング: 12,72 …

もしも福澤諭吉が関西弁で「学問のすゝめ」を書いたら「学問しぃや」が面白い

もしも福澤諭吉が関西弁で「学問のすゝめ」を書いたら「学問しぃや」 posted with amazlet at 17.11.28 (2017-10-24) 売り上げランキング: 462 Amazon. …

異文化コミュニケーションについての残念なお知らせ

モーリー・ロバートソンのニコ生チャンネルから後を引き継いだ国際政治チャンネル(仮)が面白い。 特に今回は神回確定とのもっぱらの評判で、池内恵さんが無双を繰り広げておりました。 本日の #国際政治ch …

年の始めに何かをしようとして三日坊主になるタイプ

2018年になりましたね。 というわけで、新年を迎えたタイミングで いい区切りなので何かを始めようかなぁ と思って何かを始めると大体三日坊主になる。 でも三日坊主でも33回続ければ100回になる。 い …


TOP