ノリオメモ

テレビを見ていたら『メーン』『メーク』という字幕を発見したので調べてみた

投稿日:2017年10月12日 更新日:

テレビを見ていたら『main』『make』という単語を『メーン』『メーク』と表記している字幕がありました。

別に英語をカタカナにしているだけなので正解はない気もしますが、なんか『メイン』とか『メイク』の方がしっくりきますよね?(俺だけ?)

なんか違和感があったので、ちょっと調べてみました。

テレビを見ていたら『メーン』『メーク』という字幕を発見したので調べてみた

テレビだけでなくインターネットを見ていても、『何でこういう表記なの?』と思う表記ってありますよね。

たとえば【子ども】。

普通に漢字で書けば『子供』なのになぜ『子ども』と表記されるのでしょうか。。。。

調べたら【供】という字が「お供え物」「お供する」などを連想させ、差別的な印象を与えるという理由で『子ども』と表記されるようになったということです。

誰が誰に配慮してこういう意見が出たのかは謎ですが、あらゆるメディアが『子ども』と表記することで、最近では違和感を”漢字”なくなってきました。

しかし2013年6月に文部科学省が、公用文中の「子ども」の表記を「子供」に統一したようです。

文部科学省はこのほど省内の公用文書の「こども」の表記を漢字書きの「子供」に統一することを決めた。

出典:文科省、「こども」表記を漢字に統一 公用文書で  :日本経済新聞

という記事があったのですが、今文部科学省のHP見たらがっつり『子ども』使ってるやん。。。。

子どもの体力向上:文部科学省

やっぱり正しいのは『メイン』?

一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会が定める『外来語(カタカナ)表記ガイドライン 第3版』では、『main』は『メイン』のようです。

外来語(カタカナ)表記ガイドライン 第3版

文部科学省でも【外来語の表記】についてのページがあるのですが、『メイン』や『メーン』についての記載はありませんでした。

外来語の表記(答申)(抄):文部科学省

テレビでの表記は各局バラバラ

制作会社の方に話を聞いてみたら、テレビでの表記は各局バラバラのようですが、各局表記のガイドラインのようなものがあるので、局によって統一されているようです。

「…か月」「…ケ月」 | ことば(放送用語) – 最近気になる放送用語 | NHK放送文化研究所

このブログでも、おそらく【私】とか【俺】とか、一人称すら統一されていない可能性がありますが、あんまり気にしすぎると疲れてしまうので、このブログではざっくりいきたいと思います。

超訳「カタカナ語」事典 (PHP文庫)
造事務所
PHP研究所 (2012-04-04)
売り上げランキング: 9,834

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

ごはんメモ:SALON BAKE & TEA(サロンベイクアンドティー)

超絶久しぶりにToshiTokiwaさんに会いました。 場所は新宿のNEWoManの3階。 JOJO… 『SALON BAKE & TEA(サロンベイクアンドティー)』。「SALON」という …

ノリオのVALU日記 #44『狩猟免許試験本番』

ようやくこの日がきました。 狩猟免許試験本番です。 『そうだ!!狩猟免許を取ろう!!』と思い立ってから1ヶ月と2日で試験に挑んだわけですが、狩猟免許を持っている方の多くが高齢ということもあり、かなりナ …

次世代型組織『ティール組織』は、新しい形の組織として定着するか

ようやく読みたい本を読むことができました。 それがこちら。ティール組織。 ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 posted with amazlet at 18.07.05 フ …

最近行ったお店(2017年11月)#2

最近行ったお店(2017年11月) 圓 町田のラーメン屋。 ラァメン家-69NROLL-ONE こちらも町田のラーメン屋。 おしゃべり禁止の佐野実スタイル。 店長はリーゼント。 モモンガ 海老出汁うま …

いよいよDMMバヌーシーで一口購入したよ

さて、いよいよDMMバヌーシーで一口購入したいと思います。 関連記事:DMMバヌーシーに登録完了したよ 以前の記事でも書きましたが、現在DMMバヌーシーで1万円で購入できる馬は一頭しかいないので、必然 …

秒展で『秒で作れ!秒で感じろ!!』

落合陽一大先生の関連イベントがあるということで行ってきましたよ。 落合陽一関連の展覧会に行くのは『Imago et Materia』『ジャパニーズテクニウム展』に続いて3回目。 関連記事:『ジャパニー …

ノマドミュージシャン

『ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~』を読んで、最後に対談がLINEで行われていたことが暴露されていましたが、ふと『私が10年前にやっていた音楽活動に似ているな』と …

人気のページ

アーカイブ


TOP