ノリオメモ

ドローンを4台操縦してみたので、一番オススメのドローンを教えます!!

投稿日:2017年9月19日 更新日:

先日ホリウチダイさん(@horiuchi_dai)にドローンを触らせていただき、そこからドローンの魅力に取り憑かれてしまいました。

ホリウチさんに触らせていただいたドローンはDJIのSpark。

【国内正規品】DJI Spark(アルペンホワイト)
DJI
売り上げランキング: 53,701

初めて触るドローンはかなり安定性が高く、操作も簡単でした。

ホリウチさんに『最初に買うなら高いのと安いのどちらがいいと思います?』と聞いたところ、

『安定性が全然違うので、DJIなどのちゃんとしたドローンがオススメ』

とのことでしたが、この時はまだ【安定性の重要性】をあまり理解していませんでした。

そして『まぁ最初は壊すつもりで安いやつを買おう』と買ったのがこちら。

1万円以下!!安い!!

これなら壊れても後悔しないレベルの値段。

ということで早速到着。

操作してみると、、、、

あれ…

あれれ…

真上に浮かせようとするだけで左右に移動していく…

なんかDJIのSparkと全然操作感が違うぞ…

安いドローンは明らかに安定性に難ありでした。

『やっぱりSparkがいい!!』

と思ってちゃんとしたドローンの購入を決意。

そして色々調べていたところ、新たな機種が目に入ってきました。

それがこちら。

同じDJIのMavic Pro。

Sparkと比べて、

・機体が重いので、風の抵抗を受けにくい
・羽まで折り畳めるので、収納がコンパクト(Sparkは羽が折り畳めない)
・値段だけ見ると2倍っぽいが、リモコンなどもセットの価格なので、2倍ほどはいかない

たしかに良さそう。

しかし値段も全然違うし…

『んー決められない!!』

ということで行ってきました。DJI認定ストア。

DJI認定ストア新宿へ

DJI認定ストア新宿店。

店内に入るとDJIのドローンやアクセサリーがズラリ。

ということで、早速SparkとMavic Proを操縦させていただきました。

やっぱり安定性だったり4Kが撮れることを考えると、Mavic Proの方が良いみたい。
(まぁそりゃあ高いからね…)

ということでMavic Proの購入を決意。

あっさり決めたように見えますが、YouTubeやネット上で『Spark Mavic Pro 比較』などのワードで検索しまくり比較していたので、実は来店前から心の中では『まぁMavic Proだな』とは思っていました。

Mavic Proはセットが2種類あるのですが、セットの付属品は特に必要性を感じなかったので、

・Mavic Pro本体(リモコン付)
・予備バッテリー
・プロペラガード
・専用バッグ

を購入。

【国内正規品】DJI Mavic プロペラガード
DJI
売り上げランキング: 11,671

お会計を済ませ、注意事項を聞いたり、セッティングをやってもらう。

こういうのも店舗で買うメリットも一つですよね。

新品のドローンにテンション上がる。


今回インターネットや、それこそ中古を買うという案も出たのですが、あえて正規店で購入した理由は、

・購入前に操縦したかった
・DJIの人に話を聞きたかった
・今後わからないことがあった時に聞きに行きやすいと思ったから

こんな感じですかね。

実際お店の方からは名刺もいただきましたので、わからないことがあった時は相談に行きたいと思います。

セッティング中、DJIのアプリのアップデートで少し時間がかかるということで、私の希望でPhantom4 Proの操縦もさせていただきました。

Mavic Proよりもさらに上の機種ですね。

20万円以上と、かなりお高いです。

写真じゃ伝わりませんが、迫力が違います!!

機体がかなりデカイので、飛ばした時の迫力も他と違います。

これはちょっと外で飛ばしたりしただけでも相当目立つんだろなぁ。。。。

(ちなみに動画なし)

ドローンを4台操縦してみたので、一番オススメのドローンを教えます!!

2017年9月だけで計4台のドローンを操縦しました。

・MJX
・DJI Spark
・DJI Mavic Pro
・DJI Phantom 4 Pro

オススメについて、まずMJXは安定性が悪すぎるので除外。

DJIのこの3機種を簡単に比較してみたいと思います。

Spark Mavic Pro Phantom 4 Pro
値段 約6万5千円 約13万円 約24万円
重量 300g 743g 1388g
最高飛行時間 16分 27分 30分
最高速度 50km/h 64.8km/h 72km/h
4K動画 4K非対応 4K対応 4K対応
持ち運び 小さいが羽が折り畳めない 羽まで折り畳めてコンパクト めちゃデカ

まず値段に関しては、圧倒的にSparkが安いです。

購入時点で金額の制限がある場合は、もうこのSparkになる可能性が高いですね(それでも安くはないですが)。

そして重量。

『軽い方がいいのかな?』と思いがちですが、軽いと風の抵抗を受けやすいのが難点。

ドローンを飛ばすのは必然的に何もない場所が多いと思いますので、それだけ急な突風がくることも少なくありません。

そのあたりが少しSparkは軽いかなーと感じてしまいます。

ただ持ち運ぶ際は軽ければ軽い方が便利なのは間違いありません。

続いて最高飛行時間や最高速度は、値段の高い順になってますね。

動画はMavic Pro、Phantom 4 Proが4K対応しています。

持ち運びに関しては、実物見ればわかりますがPhantom 4 Proはとにかくデカイです。

畳むこともできないし、かなりのお荷物。持ち運びだけで一苦労です。

ということで、この時点でPhantom4 Proは落選(初めから値段の時点で落選していた)。

そしてSparkとMavic Proがコンパクトに持ち運べるのですが、Mavic Proは羽まで折り畳める点が◎。

海外のYouTuberなんかも、『持ち運ぶ時にとにかく羽部分が邪魔でポケットに入らない』と言ってる人多数だとか。

Sparkも羽まで畳めるようにすればいいのに…

2軸ジンバルと3軸ジンバル

海外の映像で、SparkとMavic Proの撮影動画比較をしているものがあるのですが、これがかなり気になりました(2:12〜)。

カメラを横に振った時、Sparkは少しカクカクしているのがわかると思いますが、これはジンバルの差が出ています。

まずSparkは2軸ジンバルなのに対して、Mavic Proは3軸ジンバルになります。

ジンバルとは『電子制御スタビライザー』のことで、要するにブレ防止の装置です。

2軸ジンバルか3軸ジンバルかによって、どのような影響が出るのかといいますと、、、、、

・2軸ジンバルは【ティルト(垂直・上下)、ロール(回転)】のブレに対応

・3軸ジンバルは【パン(水平・左右)、ティルト(垂直・上下)、ロール(回転)】のブレに対応

要するに3軸ジンバルの方がブレないのです!!

そんなこんなでMavic Proを購入した私は、

『Mavic Proが2017年一番のオススメドローンだ!!』

と、吹聴して歩きたいと思います。

そして上にも書きましたが、やはりネットや中古で購入するよりも、正規店で操縦してみてからの購入がオススメです。

DJI認定ストア新宿へのアクセス

<住所>
東京都新宿区新宿1-2-9
JF新宿御苑ビル2階

<営業時間>
12:00〜19:30
(日曜定休)

<公式HP>
https://djistoreshinjuku.shopinfo.jp/

<ブログ>
https://ameblo.jp/djistoreshinjuku/

<Twitter>
https://twitter.com/djistoreshinjuk

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

仮想通貨とトークンと薄く広く買ってみた(2017年9月)

最近はVALUだったりビットコインだったり、いろんな通貨や価値の概念があって、そこにICOやトークンと、頭がこんがらがりそうです。 Zaifのサイトを見ても、アルファベットの羅列が理解できないものばっ …

失くしもの多い人必見!!『CHIPOLO』が超簡単で超便利に鍵の紛失を防いでくれる!!

しょっちゅうモノを失くす人っていますよね? 外出中に気づいたら『ない!!』みたいな。。。。 先日、自転車の鍵(チェーン)を後ろポケットに入れて自転車に乗っていたら紛失してしまいました。 チェーン側だっ …

ノマドワーカーの話と『好きに遊んで稼げるか?』を考えてみた

ノリオメモが2018年以降の仮想通貨を大予想

ここ最近の仮想通貨ブームはかなりすごいですね。 それに伴って仮想通貨全体の価格もどんどん底上げされています。 Zaif、コインチェック、bitFlyerの銘柄をテキトーに買って放置しているだけで、どん …

仮想通貨ビッチ、Paragoncoin(パラゴンコイン)買ったってよ

こんばんわ、仮想通貨ビッチです。 今日はParagoncoin(パラゴンコイン)というトークンを購入してみました。 Paragoncoin(パラゴンコイン)とは 現在、アメリカでは29州で大麻が合法に …

チケットの転売は【悪】なのか

最近、宇多田ヒカルのチケットの転売防止のニュースがTLに流れてきて、思うことがあったので。 まずはこちら。 入場方法 デジタルチケットにて入場 ・公演当日ご入場時に申込者が取得された、デジタルチケット …

落合陽一『超AI時代の生存戦略』を読んで、シンギュラリティ時代に備えよう

今回読んだのは、落合陽一『超AI時代の生存戦略 – シンギュラリティに備える34のリスト』です。 2016年に発売された本ですが、まだ読んでませんでした。。。。 2045年頃に訪れると言わ …


TOP