ノリオメモ

ノリオメモが新しい仮想通貨を考える

投稿日:2017年12月27日 更新日:

最近、仮想通貨の記事が多めの私(@noriomemo )です。

というのも、最近気づいたのですが、仮想通貨系の記事ってアクセスが良いんですよね。

まぁみんな『どの通貨が儲かるのか』知りたいですもんね。

仮想通貨記事、オススメです。

今年は本当にお金の価値観が変わった1年だったように思います。

Fiat(法定通貨)の価値観を考える機会や、『面白ければお金は集まってくる』という意識。

頭ではわかっていた人も多いかもしれませんが、実際にそれを体現できていた人は少なかったし、大手販売店がここまでビットコイン決済を導入するなんて、予想したよりも急激なスピードです。

ビットコインの存在自体は2015年以前から知っていたので、『決済手段として普及したらすごいなー』とは思っていたものの、全然普及するように見えなかったので、2017年の急激な普及に若干戸惑っていたりします。

さて、先日の記事で『2018年以降のICOは、以前よりも資金調達が難しくなる』と書きましたが、それでもおそらく大量のICOが実施されると思います。

ということで、ノリオメモが『こんなのあったらいいなー』という、新しい仮想通貨を考えてみました。

※めちゃくちゃ安易でテキトーな発想です

ノリオメモが新しい仮想通貨を考える

MOVECOIN

まずはムーブコイン。

名前のとおり『送金手段専用通貨』ですね。

昨今、ビットコインやアルトコインの高騰により、仮想通貨の送金手数料がえげつないことになっています。

たとえばコインチェックでビットコインを送金した場合。

コインチェックのビットコイン送金手数料は0.002BTC。

1BTC=180万円レートで送金手数料3,600円です。

ちょっと高いですよね。

これが半年前なら、1BTC=30万円レートで送金手数料600円です。
(それでも銀行振込より割高)

誰もここまでビットコインが急騰すると思っていなかったので、仕方ないのかもしれませんが、それにしても高すぎる気がします。

リップルやNEMなど、送金手数料の安価な通貨もありますが、双方の取引所で取り扱いがあるかはわかりません。

そこで登場するのが、送金手段専用通貨。

ドージコイン(DOGECOIN)のように、価格がある程度安定した通貨といいますか、基本的にエンドユーザーが購入できるようになると上下してしまうので、Fiatに準じた価格設定でよさそう。
(じゃあFiatでええやんとも思う)

もちろんFiatだって価値は日々変動しているわけですから、価値の変動しない通貨なんて作れないと思いますが、、、、そのあたりは誰かが考えればいいわけで。。。。

COMMUNITYCOIN(仮)

次に提案するのはCOMMUNITYCOIN(仮)です。

まず『COMMUNITYCOIN』というのは、調べたらすでに存在しているようで(COMM)、何かそれに代わる名前が欲しいのですが、通貨の名前すらみんなで決めればいいのにと思ったり。

綾瀬はるかや優香、SPEEDって、一般公募から命名しているんですよね。

そんなことを思い出し、『せっかくコミュニティの強いコインを作りたいなら、名前もみんなで決めればいいのにー』と思った次第です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)
佐藤 航陽
幻冬舎 (2017-11-30)
売り上げランキング: 16

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

田中彰展(#雑レポート)

ギャラリー58で開催中の田中彰展。 私の投稿が遅かったせいで、すでに会期終了していますが(5月20日〜25日)、よかったらぜひ。 訪問した際はちょうどアーティストさんが在廊されていました。 狂気すら感 …

疑心暗鬼な2人の手に汗握る殺し合い!!『告白~コンフェッション~』を読んで

漫画『告白~コンフェッション~』読了。 告白~コンフェッション~ (ヤングマガジンコミックス) posted with amazlet at 18.12.08 講談社 (2013-10-07)売り上げ …

新潮社の書庫を隈研吾建築事務所がリノベーションした『la kagu(ラカグ)』に行ってきた

今回訪れたのは『la kagu(ラカグ)』という施設。 2014年10月にオープンしたキュレーションストアで、1960年代に建てられた新潮社の書庫を隈研吾建築事務所がリノベーションしたもの。 中にはカ …

落合陽一『超AI時代の生存戦略』を読んで、シンギュラリティ時代に備えよう

今回読んだのは、落合陽一『超AI時代の生存戦略 – シンギュラリティに備える34のリスト』です。 2016年に発売された本ですが、まだ読んでませんでした。。。。 2045年頃に訪れると言わ …

自分の人生を振り返りたくなる|『走馬灯株式会社』を読んで

菅原敬太『走馬灯株式会社』読了。 走馬灯株式会社に迷い込んだ人物が、DVDに記録された自分のこれまでの人生を観ることで不思議な出来事に巻き込まれていく話。 基本的には1話完結で、『世にも奇妙な物語』『 …

Diorのポップアップイベント『ミス ディオール』 展覧会(#雑レポート)

Diorのポップアップイベント『ミス ディオール』 展覧会へ行ってきました。 表参道の歩道橋。 表参道ヒルズの前にあったスワロフスキー。 スタバの神様。 到着。 大きなフォトスポットも。 ちなみに結論 …

嗅ぎタバコって知ってる?『たばこと塩の博物館』に行ってきたよ

今回は『たばこと塩の博物館』に行ってきました。 前には『シンボルモニュメント』という像が。 19世紀の初め頃、スウェーデンのタバコ屋が看板として使用していたものが原型となっており、1978年に渋谷で『 …

人気のページ

アーカイブ


TOP