オカリンメモ

パーソナルモビリティが気になるけどどうなっていくんすかね

投稿日:2018年1月4日 更新日:

http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/personal_mobility/
↑これトヨタのパーソナルモビリティのサイトなんですけど、どう思いますか?

ドローンとかVRとか新しい技術がジワジワきて、
地上波でも取り上げられてますけど、
パーソナルモビリティはどんな感じなんでしょ。

新しいセグウェイ的なスタイルのパーソナルモビリティは
シンガポールなどですでにそれなりに見かけるようになってるらしいんですけど、
たぶん今のスタイルのまま普及するのはちょっと考えにくいかな、と。

どちらかというと、i-ROAD型の方が日本では普及しやすいと思うんすよ。


(↑今をときめく岸勇希氏も絶賛)

でも、これも屋根付きの原付きみたいな扱いだとどうかな、と。

大げさにパーソナルモビリティっていうけど、
自転車とか原付きがすでにパーソナルモビリティなわけで。

まあ手のひらサイズのパソコンをみんなに行き渡らせるために、
これは携帯電話ですよ、という体でスマホを浸透させるみたいな感じで、
今あるものの延長線上っぽくする戦略はなくはない。

でもどうかなぁ。

たぶん本当に定着するようになるころには、
自動運転とシェアリングがポイントになりそうかな、と。

自家用車はこれから一家に一台とか一人一台の時代から
シェアリングの時代になるだろうってときに、
代わりにパーソナルモビリティを一人一台所有するってのは考えにくいかなぁ、と。

もちろん過渡期に、新しい物好きが原付き代わりに買うかもしれないけど、
ちょっと邪魔じゃね?

誰も乗っていないときは、充電できるところに待機してて
スマホで呼べばそこまで勝手に来てくれて、
目的地についたら乗り捨てられるようにならないと
敢えてパーソナルモビリティを使う意味はないんじゃないかな。

セグウェイ風のパーソナルモビリティを持ち運ぶってのは
ちょっときつくない?

それにやっぱ移動中にスマホいじれるような乗り物じゃないとね。
もしかしたら、介護用の車椅子型の方が先に普及して
そっちの方向から発展するかもね。

ま、というわけで、パーソナルモビリティの未来は
もう少し時間がかかると予想しているので、
まだ今のところは傍観かな、と。

世界を変えるマシンをつくれ!―「セグウェイ」をつくった天才発明家とエンジニアたち
スティーブ ケンパー
インフォバーン
売り上げランキング: 1,316,481

スポンサーリンク

-オカリンメモ

執筆者:

関連記事

もしも福澤諭吉が関西弁で「学問のすゝめ」を書いたら「学問しぃや」が面白い

もしも福澤諭吉が関西弁で「学問のすゝめ」を書いたら「学問しぃや」 posted with amazlet at 17.11.28 (2017-10-24) 売り上げランキング: 462 Amazon. …

年の始めに何かをしようとして三日坊主になるタイプ

2018年になりましたね。 というわけで、新年を迎えたタイミングで いい区切りなので何かを始めようかなぁ と思って何かを始めると大体三日坊主になる。 でも三日坊主でも33回続ければ100回になる。 い …

行動派VS思考派とかって意味ある?

NYT記事「レイプ」「執行猶予付き判決」を誤訳した女性に、池内恵先生が誤訳を指摘したら、他の人達から噛み付かれまくってる これについて何か言おうかな、って思ったんだけど、 意外と話の裾野が広がりすぎて …

Twitterとブログ

Twitterは140文字という制限があるし、つぶやくというぐらいなので、1行だけでも問題がないが、ブログってなんとなくまとまった内容を書かないといけないような気がしてしまう。 そのため、腰が重くなり …

エスパー魔美にハマる(少しずつ更新予定)

エスパー魔美が面白くてハマってます。 きっかけはこのツイート。 観て欲しいアニメ。「エスパー魔美」の大好きエピソードをまとめました。個人的な、です。おわり。 pic.twitter.com/gQCc9 …

保毛尾田保毛男と差別問題について【その1】

保毛尾田保毛男問題についてある程度意見が出尽くしたようなので、なんか書いてみる。 保毛尾田保毛男問題の概要はこうだ。 9月28日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」の30周年記念特番で石 …

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.5

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.4の続き それではアニメ版『リアリズム殺人事件!?』について見ていこう。 原作との大きな違いは、竜王寺監督が実際に女性を焼き殺すところ …

人気のページ

アーカイブ


TOP