ノリオメモ

ポコラート(POCORART)受賞者展『8人のマイ・ウェイ』

投稿日:

今回紹介するのはポコラート(POCORART)です。

ポコラート(POCORART)とは、『Place of“Core+Relation ART”』で、「障がいの有無に関わらず人々が出会い、相互に影響し合う場」であり、その「場」を作っていく行為を示す名称だそう。

以前は障がい者のためのアート展だったようですが、今は障がい者も健常者も応募できるそう。

先日訪れた日比谷図書文化館で、たまたまチラシを見つけたので行ってきました。

最近はこういった展覧会のチラシなども積極的に見るようにしています。

ポコラート(POCORART)受賞者展『8人のマイ・ウェイ』

場所は秋葉原の3331 Arts Chiyoda。

一番近いのは末広町駅ですが、秋葉原や御徒町、湯島からも歩けます。

ちなみに3331とは、江戸一本締めの手拍子を数字表記らしい。

雪が降った日の3日後でしたが、日影の影響で、前の道路がスケートリンクでした。

なんか犬いた。

3331の中には、こんなにチラシありました。左奥に見えるのがPOCORART。

感想は付箋に書いて、入り口のガラスに貼るシステム。

このシステム良いですね。

誰もいませんでした。。。。

加治屋俊「手漉き和紙の名刺」

加藤典子「生着る」

今回はこれを見たかったから来たみたいなとこありました。

この私でも手に入り、それでいて「作品として見たこともない面白い素材」をずっと探していた。ある日空っぽの財布のレシートに目が留まる。
あ、このレシートは私の生きた証、言わばレコードにもなっている。これをかたちあるものにしたい!そこで好きだった服作りを活かして工作的にシャツに仕立てた。
生きることと着ること。長い工作人生を経て、ようやく私自身を表す初めての作品が生まれた。

田中七星「嫌嫌期の男。季節外より旗を振る#1~#45」

大きさが伝わらないですが、結構大きいです。

福地充洋「せわにんじゃ~!」

後藤美樹「あひる」

【あひるを描こうとしたら2になった】

【あひる】と【2】の境界に挑む、素晴らしい作品。

本田正「たくわん」 

上之昌道「ねじまわし」

中村和暉「ことば+つむぐ」

おまけ

3331には初めて来たのですが、会場全体がアートに包まれていました。

以下、会場内。

ポコラート(POCORART)受賞者展『8人のマイ・ウェイ』へのアクセス

<住所>
東京都千代田区外神田6丁目11-14

<会期>
2018年01月07日(日)~2018年02月04日(日)

<営業時間>
12:00-19:00

<公式サイト>
ポコラート|3331 Arts Chiyoda

アール・ブリュット? アウトサイダー・アート? ポコラート! 福祉×表現×美術×魂
3331 Arts Chiyoda 中村政人
3331 Arts Chiyoda
売り上げランキング: 641,925

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

7月行った場所メモ

夏です。暑いです。溶けます。溶けました。 最近はまぁまぁマメに行った場所を記録するようになりました。逆にご飯系の記録を付けなくなってきたけど。 こうやってまとめて記載するパターンと、一つの記事にするパ …

ル・コルビュジエ『絵と家具と』(#雑レポート)

20世紀に最も影響を与えた建築家、ル・コルビュジェ。 3年ほど前、ダイニングテーブルが欲しいなーと思い、いろいろ探していた時にインターネットの画像で見て「うわーかっこいい!!」と思ったのが私とコルビジ …

ノリオが最近食べたものをアップしていくよ Vol.2

ということで、ある程度食べたものが溜まったら吐き出していくスタイルにしましょうかね。 最近食べたもの 『わさビーフ』『男気わさビーフ』『R-20大人向けわさビーフMAX』 わさビーフはもちろん知ってた …

頼み方知ってる?ラーメン二郎新宿歌舞伎町店に行ってきたよ

ラーメン二郎新宿歌舞伎町店に行ってきました。 今回なぜこの記事を書こうと思ったかといいますと、ラーメン二郎は今まで何度か行ったことあるのですが、どうも中mポン方法などが特殊で、一見さんは入りにくい印象 …

花王の『”嗅ぐ”アート展』 in 表参道ヒルズ(#雑レポート)

ある日の表参道ヒルズ。 まずは表参道ヒルズの前に鎮座する『ニシノクラウン』 じーっと見る。 個人的に、色の境目がどんな感じか気になっていたので激写。 4 表参道の地下『スペースオー』で開催の花王の『& …

『パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』 in 大島智子個展『レッツゴー』

今回行ってきたのは大島智子個展『パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』。 大島智子 個展 パルコでもロイホでもラブホでもいいよ 『レッツゴー』 『パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』 in 大島智子 …

松下まり子『RAW』は『生』『死』『性』『哲学』すべてを感じることができる

今回紹介するのは松下まり子『RAW』です。 松下まり子さんは1980年に大阪で生まれのアーティストで、絵画表現に加えて、パフォーマンスや映像、写真など幅広い活動を展開しています。 松下まり子 油絵を主 …

人気のページ

アーカイブ


TOP