ノリオメモ

メディア・アートパフォーマンス『藤井直敬+GRINDER-MAN+evala《Neighbor》』を体験してきた

投稿日:

前回の記事の続き。

関連記事:『オープン・スペース 2017 未来の再創造』は無料でメディア・アートを堪能できる

もともとはこのイベントを体験したかったんです。

現在の私たちのコミュニケーションは,テクノロジーを通じてオンライン/オフラインを含め,様々な形をとっています.特に私たちのコミュニケーションのかなりのヴォリュームを占める,SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サーヴィス)などにおける非同期のコミュニケーションは,私たちを孤立させ分断するのではないかと危惧する声も少なくありません.

《Neighbor》は,脳科学者,パフォーマンス・グループそして音楽家の協働によって生まれた,ダンサー2名と体験者2名によるメディア・アート・パフォーマンスです.主観的な時間と空間を操作するSubstitutional Reality(SR)技術*を用い,コミュニケーションの新しいかたちを作り上げることを目標として制作されました.《Neighbor》を通じて個々の体験者の間に立ち上がるユニークな関係性は,テクノロジーが私たちのコミュニケーションに与える新しい可能性を示しています.

neighbor.grinder-man.com

ネットで発見して『絶対面白いやん!!』と思ったものの、すでに当日の13時だったので、念のため電話で体験の枠が残っているかICC(NTTインターコミュニケーション・センター)に確認。

俺『まだネイバーの体験のチケットって残ってますか?』
ICC『男性は最終の17時30分からのみ残ってます。ただ取り置きができないので、来ていただいて受付していただく必要があります

ということで急いで出発。

新宿駅着

新宿駅から再び電話確認。

俺『まだネイバーの体験のチケットって残ってますか?あと15分くらいで着くんですけど』
ICC『男性は最終の17時30分からのみ残ってます。ただ取り置きができないので、来ていただいて受付していただく必要があります』

ということで15分くらいで到着。

受付。

ICC『申し訳ございません。男性の方は受付終了になってしまいました』

!!!!

間一髪で受付終了してしまいました。

せっかく来たので、仕方なく鑑賞だけしていくことに。。。。

1回のステージが6分くらい。

順番にステージをやっていて、観覧は自由にできます。

しばらくすると、次に体験するはずの男性がいないことに気づく。

もしや、、、、帰ったんじゃ?

そして3分くらいして、

ICC『この中でどなかた体験されたい方いらっしゃいませんでしょうか?』

俺『やりたいやりたい!!』

食い気味で叫ぶ私に若干会場に笑いが起こったが、スタスタとステージへ向かう私。

もう体験はできないと思っていたのが、急遽棚ぼたでやってきましたよ。

体験中の私。

ステージに放り込まれるのはあんまり好きじゃないですが、やっぱりこういうのは体験しておかないとね。

ステージの左右に出てくる映像には、VR内で見ている映像が流れてるのですが、VR内では実際の前の風景や映像が切り替わって出て来ます。

目の前で女性と握手しているのに、映像でそれが男性に変わってりして、不思議な映像体験ができます。

<クレジット>
製作・監修
藤井直敬
構成・演出・映像
タグチヒトシ(GRINDER-MAN)
振付
伊豆牧子(GRINDER-MAN)
音楽・サウンドデザイン
evala
出演
京極朋彦、花島令
照明
藤原康弘
SRシステム デザイン
濱條貴光
衣装
中村実樹
サポート
永渕裕康
プロダクションマネジメント
小山田サトル、天野悠二(GRINDER-MAN)

製作・監修の藤井直敬って株式会社ハコスコ代表取締役か。

しかもTwitterフォローしてたし。。。。
@NaotakaFujii

拡張する脳
拡張する脳

posted with amazlet at 17.11.06
藤井 直敬
新潮社
売り上げランキング: 257,712

まとめ

棚ぼたで降ってきたのが幸い。

元々17時半の枠しか残ってないと言われていたので、それをやっていたら、間に1時間以上空いちゃうので、一旦新宿駅まで戻ろうか悩んでいました。

しかし棚ぼた体験で16時に体験できたので、体験を終わらせそのまま新宿に戻るという、かなり効率の良い行動ができました。

かなり斬新なVR体験でしたし、すでに終わってしまっているイベントですが、また次回機会があったらぜひ。

鑑賞するだけでは見えない景色がありますよ。

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

井田幸昌『Portraits』(#雑レポート)

銀座シックスの蔦屋書店内で開催されていた井田幸昌『Portraits』 井田幸昌氏は1990年鳥取県生まれで、2019年東京藝術大学大学院油画修了という。。。。 Forbes JAPANの、次世代を担 …

ごはんメモ:梅蘭(チャーハン美味すぎ)

10年ぶりに梅蘭へ行ってきました。 梅蘭って本店が横浜で、あんまり都内にないので知らない人も多いのですが、表面を揚げている焼きそばが有名で、表面を割るとあんかけが出てきます。 ちなみにこんな感じ。 箸 …

#飯メモ :はつね(西荻窪、タンメン)

『アソ部花見ない会』のスタート前。お腹の空いた我々は西荻窪駅南口にある『はつね』へ。 関連記事:#アソ部花見ない会 で、花を見ない花見をしてきた 昔は『パパパパパイン』という、めちゃくちゃ美味しいラー …

ごはんメモ:みそ味専門マタドール(北千住)

イカロス後に北千住に移動して、スタバを飲んでいたら、まさかのじゅんじゅん(@mintmint824 )に遭遇。 じゅんじゅんは『#はあちゅうサロン』にも『ノリオンラインサロン』にも参加してくれていて、 …

最近(書評や要約で)読んだオススメ本を紹介するよ#03

今回は【運動と栄養】にテーマを絞って選びました。 最近(書評や要約で)読んだオススメ本を紹介するよ#03 全身改造メソッド―カラダは何歳からでも変えられる― 全身改造メソッド―カラダは何歳からでも変え …

タカ・イシイギャラリー 開廊25周年記念グループ展: Survived!(#雑レポート)

タカ・イシイギャラリー 開廊25周年記念グループ展: Survived!を3会場にて同時開催。 参加アーティストはなんと37名!! 【参加作家】 レオノール・アントゥネス、荒川医、荒木経惟、トーマス・ …

変わり種ラーメンと侮るなかれ!りんすず食堂のレモンラーメン!!

今回紹介するのはりんすず食堂のレモンラーメン!! 知ってる人は知ってるラーメンではあるのですが、久しぶりに行ってきました。 場所は大島。 「どこやねん?」と言われてしまいそうですが、江東区の墨田区寄り …

人気のページ

アーカイブ


TOP