ノリオメモ

松下まり子『RAW』は『生』『死』『性』『哲学』すべてを感じることができる

投稿日:

今回紹介するのは松下まり子『RAW』です。

松下まり子さんは1980年に大阪で生まれのアーティストで、絵画表現に加えて、パフォーマンスや映像、写真など幅広い活動を展開しています。

松下まり子

油絵を主に描いています。
私は「他者」に手を差し伸べ、触れ、「触覚」を伴った理解を繰り返すことによって、自分の人生を生きようとしています。
そのために行う絵画以外の方法も、すべて私の表現です。

私の言葉、身振り、考え、すべて私の表現です。


HOME – matsushita-mariko

現代芸術振興財団主催の「第2回CAFAA賞」で最優秀賞受賞者を獲得しています。

現代芸術振興財団の会長が前澤友作であることを知り『前澤友作はただの絵画好きなだけではないのか』と。。。。

今回も『行けない人用』に、ほぼほぼ写真オンリーでどうぞ。

松下まり子『RAW』

場所は新宿。

新宿三丁目、新宿御苑からでも歩けます。

ちなみにこちらのビル、エレベーターがありません。

ですので、5階まで頑張って自力で上ってください。

しかも行った方はわかると思いますが、階段が急なので、これから行く方はそこも楽しんでください。

こんな感じ。

ゆったりソファーも完備。

会場に作品タイトルなかったので、公式サイトで照らし合わせて

左『性的な肉体について2』、右『性的な肉体について1』。

左『Sex2 oil painting』、中『生きる痛み』、右『Sex1 oil painting』。

左『顔』、右『Queen oil painting』。

『Body3 oil painting』。

『肉体の夢』。

左『子供十字架』、右『Strip1 oil painting』。

松下まり子『RAW』へのアクセス

<住所>
東京都新宿区新宿3−1−32
新宿ビル2号館5階

<会期>
2018年2月2日(金)~3月17日(土)

<時間>
13:00~21:00
休廊日:日、月曜

まとめ

松下まり子の作品は『生』『死』『性』を感じることができ、TwitterなどのSNSを見ていると哲学的にも感じ取ることができます。

初日には本人が来て、身体にSkin drawingしてくれたとか。

私も背中あたりに描いてほしいので、ご本人在廊の際にはぜひお誘いください。

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

原宿のヘビカフェ『東京スネークセンター』に行ってきた

今回は前々から行ってみたかった原宿にあるヘビカフェ『東京スネークセンター』に、#はあちゅうサロンアソ部メンバーで行ってきました。 場所は原宿。駅でいうと明治神宮前駅からすぐですね。 カラオケ館が入って …

ノリオのVALU日記 #05『VALU改善案まとめ』

あいかわらずVALUの流れは早いですね。 次々と出てくる問題点や改善案。少し見ないでいると、すぐに置いていかれてしまいます。 それとは逆にまだまだ参加者は少なく、せっかく利益が出ても、流動性の低さから …

丹羽良徳『誰も要求していない計画に全会一致で合意する』(#雑レポート)

私が渋谷に行くと高確率で立ち寄るギャラリー、GALLERY X BY PARCO。 この日は、丹羽良徳『誰も要求していない計画に全会一致で合意する』が開催中。 中はこんな感じ。 これも含めて作品ってこ …

『おたすけ!クラフトホリック展 -CRAFTHOLIC 10周年記念-』でもふもふしてきた

私がよく訪れるギャラリーの一つ、『GALLERY X BY PARCO』。 渋谷のセンター街の先にあり、とてもアクセスが良いのですが、こちらをご覧ください。 渋谷のBershka(ベルシュカ)です。 …

坂口恭平『アポロン』

坂口恭平さんは、熊本県出身の建築家、作家、アーティストです。 Wikipediaを見ると、作品のジャンルも多岐に渡っており、かなり精力的に活動されています。 ということで、当たり前のように行けなかった …

半蔵門線を止めた話 Part.2

前回の続き。 関連記事:半蔵門線を止めた話 Part.1 駅の事務室に向かう途中、叫び過ぎたのと、首を締められたので、とても喉が渇く。 俺『ちょっと水買っていいですか?』 駅『どーぞ』 お水購入。 三 …

紺野真弓・平井豊果『曖昧の断片』(#雑レポート)

MASATAKA CONTEMPORARYで開催していた、紺野真弓・平井豊果『曖昧の断片』 最終日に滑り込めました。 まずは紺野真弓氏から。 紺野真弓氏の作品は初日完売だそう、、、、すごすぎ、、、、 …

人気のページ

アーカイブ


TOP