ノリオメモ

松下まり子『RAW』は『生』『死』『性』『哲学』すべてを感じることができる

投稿日:

今回紹介するのは松下まり子『RAW』です。

松下まり子さんは1980年に大阪で生まれのアーティストで、絵画表現に加えて、パフォーマンスや映像、写真など幅広い活動を展開しています。

松下まり子

油絵を主に描いています。
私は「他者」に手を差し伸べ、触れ、「触覚」を伴った理解を繰り返すことによって、自分の人生を生きようとしています。
そのために行う絵画以外の方法も、すべて私の表現です。

私の言葉、身振り、考え、すべて私の表現です。


HOME – matsushita-mariko

現代芸術振興財団主催の「第2回CAFAA賞」で最優秀賞受賞者を獲得しています。

現代芸術振興財団の会長が前澤友作であることを知り『前澤友作はただの絵画好きなだけではないのか』と。。。。

今回も『行けない人用』に、ほぼほぼ写真オンリーでどうぞ。

松下まり子『RAW』

場所は新宿。

新宿三丁目、新宿御苑からでも歩けます。

ちなみにこちらのビル、エレベーターがありません。

ですので、5階まで頑張って自力で上ってください。

しかも行った方はわかると思いますが、階段が急なので、これから行く方はそこも楽しんでください。

こんな感じ。

ゆったりソファーも完備。

会場に作品タイトルなかったので、公式サイトで照らし合わせて

左『性的な肉体について2』、右『性的な肉体について1』。

左『Sex2 oil painting』、中『生きる痛み』、右『Sex1 oil painting』。

左『顔』、右『Queen oil painting』。

『Body3 oil painting』。

『肉体の夢』。

左『子供十字架』、右『Strip1 oil painting』。

松下まり子『RAW』へのアクセス

<住所>
東京都新宿区新宿3−1−32
新宿ビル2号館5階

<会期>
2018年2月2日(金)~3月17日(土)

<時間>
13:00~21:00
休廊日:日、月曜

まとめ

松下まり子の作品は『生』『死』『性』を感じることができ、TwitterなどのSNSを見ていると哲学的にも感じ取ることができます。

初日には本人が来て、身体にSkin drawingしてくれたとか。

私も背中あたりに描いてほしいので、ご本人在廊の際にはぜひお誘いください。

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

落合陽一『超AI時代の生存戦略』を読んで、シンギュラリティ時代に備えよう

今回読んだのは、落合陽一『超AI時代の生存戦略 – シンギュラリティに備える34のリスト』です。 2016年に発売された本ですが、まだ読んでませんでした。。。。 2045年頃に訪れると言わ …

Byteball(バイトボール)のエアドロップの受け取り方法が意外とめんどくさいぞ!!

先日購入したByteball(バイトボール)ですが、エアドロップを貰うには設定が必要なのを忘れていました。。。。 関連記事:BITTREXで新たに何種類かの仮想通貨を買ったよ(バイトボールなど) しか …

オルビス30周年記念「ケの美」展を見てきたよ

今回紹介するのは、オルビス30周年記念「ケの美」展です。 オルビス30周年記念「ケの美」展を見てきたよ 場所は銀座。 ポーラ銀座ビル3階、ポーラミュージアムアネックスです。 以前、増田セバスチャンの展 …

なぎなたに初挑戦

今回はアソ部でなぎなたに初挑戦!! 私はフリーペーパーで発見したわけですが、東京武道館のサイト内でも教室情報いろいろ出ているみたいです。 東京武道館 東京武道館は綾瀬駅から徒歩10分くらい。 発見。 …

テレビを見ていたら『メーン』『メーク』という字幕を発見したので調べてみた

テレビを見ていたら『main』『make』という単語を『メーン』『メーク』と表記している字幕がありました。 別に英語をカタカナにしているだけなので正解はない気もしますが、なんか『メイン』とか『メイク』 …

ノリオのVALU日記 #37『もりたま優待さらにその後』

もう1ヶ月以上前ですが、以前書いたもりたまVALU優待『hitomedia “the park”』に再訪しました。 (書いたと思ったら書いてなかった…) 関連記事:ノリオのVALU日記 #04『もりた …

最近タピオカブームが加速してるけど、自分で作った方が早くて安くない?

最近、タピオカブームが凄いですね。 おそらく多くのタピオカー(タピオカ好きの名称、今作った)は「いやいや、前々からタピオカが美味しくて流行るのは知ってたんだよ!!」って言うと思います。 たしかに昔から …

人気のページ

アーカイブ


TOP