オカリンメモ

第一次世界大戦でなぜドイツの暗号解読が遅れたのか

投稿日:2016年5月2日 更新日:

第一次世界大戦でフランスは暗号解読ではドイツより大幅に進んでいたのだが、なぜか。

それはドイツがフランス領まで軍を進めていたから。

ドイツ軍はフランス領に進んでいたから、通信は無線を使うしかなく、フランスに傍受されていた。

しかしフランスは自国内で通信をすればよかったので、無線を使わず陸上通信線を使えばよかったのだ。

有利な状況のため本当に重要な対策が後回しになる側と、必要に迫られ重要な対策にリソースを回せる側がある、ということの具体例として使えそう。

スポンサーリンク

-オカリンメモ

執筆者:


  1. writeaessay より:

    write an essay for me http://sdfeklhjyujg.com/

    Nicely put, Thank you.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パーソナルモビリティが気になるけどどうなっていくんすかね

http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/personal_mobility/ ↑これトヨタのパーソナルモビリティのサイトなんですけど、どう思いますか? ドローンとかVRとか新 …

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.6

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.5の続き 原作をアニメ化するとき、出来る限り忠実に原作を再現しようとすることが多いと思うのだが、まれに原作からストーリーを大きく変えて …

効率的な情報収集方法について

人生は限りがあり、時間は大切に使いたいですよね。 特に現代社会では効率のいい情報収集をすることが、自分の時間を大切にすることに直結します。 世の中にはなんでもよく知ってるなぁ、という博学タイプの人もい …

異文化コミュニケーションについての残念なお知らせ

モーリー・ロバートソンのニコ生チャンネルから後を引き継いだ国際政治チャンネル(仮)が面白い。 特に今回は神回確定とのもっぱらの評判で、池内恵さんが無双を繰り広げておりました。 本日の #国際政治ch …

VALU社からヒカルへ内容証明を送った件について

もう沈静化して誰も興味がなくなってしまったようなVALU事件だが、VALUの勢いを削いだことは間違いない。 事件後、ビットコインの価格上昇のタイミングとも重なり、VALUの価格が下落しても売りたい人が …

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.4

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.3の続き この『リアリズム殺人事件』は原作よりアニメ版の方がよく出来ているように感じているが、原作も素晴らしい作品であることは間違いな …

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.3

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.2の続き 『リアリズム殺人事件』は中盤以降から原作とアニメでは全く話が違ってくる。 今回は原作について見ていこう。 原作版の中盤以降の …

人気のページ

アーカイブ


TOP