オカリンメモ

行動派VS思考派とかって意味ある?

投稿日:2018年1月7日 更新日:

NYT記事「レイプ」「執行猶予付き判決」を誤訳した女性に、池内恵先生が誤訳を指摘したら、他の人達から噛み付かれまくってる

これについて何か言おうかな、って思ったんだけど、
意外と話の裾野が広がりすぎて
何を言えばいいのかわからなくなってきた。

最初はポストトゥルース問題というか、
デマを広げようとしている人達は
意外と無邪気な(ただのバカな)だけかもね、って
話で落ち着くのかと思ったら、
池内さんに絡んでくる人たちの
様々なルサンチマンというか
業のようなものが滲み出てきはじめて
これはイカンなぁ、という感じになってきた。

こういうデリケートな問題は一つ一つ丁寧にやらないと
こちら側の問題をさらけ出すだけになる。

そんなことを思ってるときに、ちょっと他のことに目が行った。

行動力自慢の勢力と逆に無知をバカにするような勢力が
別個にワイワイやっていたのだ。

かたや、「自分ぐらいの行動をしていないやつはつまらないことしか言えない」とか
「人間の思考力には限界があるので、やっぱり体験ないとわからないことがある」とか言っていて
反対に、「偉そうに人前に出てちやほやされているけど、ただ担がれてるだけの軽い神輿だ(無知でバカだ)。」とか
「行動力自慢のやつらは自分の経験をエビデンスのように語るが、ただ視野が狭いだけだ。」とか。

これらを見て、あー、これもイカンですなぁ、と思ったけど、
池内さんに絡んでる人たちと共通点があるな、と気がついた。

みんな自分のことを認めてもらいたいのね。
つまり、問題のことを問題にしてるんじゃなくて、
自分の存在意義のようなものが問題の中心にあると思いこんでいるのね。

本当に何か問題があって、それを解決しようと思っていたら
得意なことは得意な人にやってもらって教えてもらうのがいい。

ザックリいうとそれだけだ。

特に今回の性的被害の問題や、被差別問題などは
考えるだけでは何も変わらないので、被害者側の勇気のある行動が必須だし、
それを構造的に変えていくための思考がなければ
せっかくの行動も単発で終わってしまう。

せっかくだから、無意味に対立するんじゃなくて、
得意な人の力を借りられるように手を組んだほうがいいよー。

Black Box
Black Box

posted with amazlet at 18.01.07
伊藤 詩織
文藝春秋
売り上げランキング: 1,533

スポンサーリンク

-オカリンメモ

執筆者:

関連記事

パーソナルモビリティが気になるけどどうなっていくんすかね

http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/personal_mobility/ ↑これトヨタのパーソナルモビリティのサイトなんですけど、どう思いますか? ドローンとかVRとか新 …

ひろゆきがVALUをやらない理由

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 posted with amazlet at 17.08.27 ひろゆき 大和書房 売り上げランキング: 366 Amazon.co.j …

保毛尾田保毛男と差別問題について【その2】

差別問題はもちろん性的マイノリティー差別以外にも、深刻なものがたくさんある。 しかし、保毛尾田問題は純粋な性的マイノリティー差別の問題だけではなく、タレントが行う表現についての問題やテレビというメディ …

『父という余分なもの』サルに探る文明の起源/山極寿一

父という余分なもの: サルに探る文明の起源 (新潮文庫) posted with amazlet at 17.07.24 山極 寿一 新潮社 (2015-01-28) 売り上げランキング: 12,72 …

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.4

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.3の続き この『リアリズム殺人事件』は原作よりアニメ版の方がよく出来ているように感じているが、原作も素晴らしい作品であることは間違いな …

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.6

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.5の続き 原作をアニメ化するとき、出来る限り忠実に原作を再現しようとすることが多いと思うのだが、まれに原作からストーリーを大きく変えて …

第一次世界大戦でなぜドイツの暗号解読が遅れたのか

第一次世界大戦でフランスは暗号解読ではドイツより大幅に進んでいたのだが、なぜか。 それはドイツがフランス領まで軍を進めていたから。 ドイツ軍はフランス領に進んでいたから、通信は無線を使うしかなく、フラ …


TOP