東京案内

話題沸騰のVR ZONE SHINJUKUに行ってきたよ(随時更新予定)

投稿日:2017年8月1日 更新日:

さて、今回は話題沸騰のVR ZONE SHINJUKUにノリオ(@noriomemo)とオカリン(@nooe.tokyo)で行ってまいりました。

VRに関してはかなりあちこち行っているつもりなのですが、テレビ宣伝の効果もあってかVR ZONE SHINJUKUの話題度は抜けている気がします。

VR関連の記事はこちら。

場所は新宿歌舞伎町。老舗映画館、新宿ミラノ座の跡地ですね。

IMG_9943

すでにQRコードチケットがあるのですが、窓口でチケットと引き換えるとか…

そしてチケットの説明。

IMG_9811

GO。

IMG_9815

チケット以外にパンフレットや、VRゴーグル用のシートなどたくさん渡されるので、絶対になくさないように気をつけてください。

IMG_9831

入口を抜けると広々としたフロア。

IMG_9818

『かなり綺麗だなぁ』という印象ですが、先日行ってきた『TOKYO ART CITY』のNAKED製作だそうです。納得。

関連記事:東京に行くならまずはここ!!『TOKYO ART CITY展』で360℃ TOKYO体験してきたよ

VR ZONEアクティビティ紹介

ドラゴンボールVR『秘伝かめはめ波』

(搭乗者:ノリオ)

こちらは4人同時プレイできるアトラクションですね。

悟空・ベジータ・ピッコロ・クリリンがかめはめ波をレクチャーしてくれます。

両手部分と腰部分にセンサーが付いているので、左足を前に、しっかり腰を捻って気を溜めないと、大きなかめはめ波が撃てません。

事前に『少し上に打った方がちゃんと当たります』と聞いていたので、意識して微調整しながら的を狙います。

気を溜めてる時の風とかの臨場感がすごい!!

ある程度レクチャーを受けたら、4人同時に同じ場所に放り込まれ、対戦形式のような形に。

これが結構な距離あるので、練習で上手くいっていていたのに、意外と当たらない。

ドラゴンボールに魅了された大人は多いはず!!これを機会にぜひ!!

IMG_9907

極限度胸試し『ハネチャリ』

(搭乗者:ノリオ)

こちらは自転車で空中を浮遊するレースゲーム。

いきなり落下するんだけど、その怖さったら。

ハンドルで操作するんだけど、風が強すぎてなかなか言うことを聞いてくれません。

しかも超高速で岩に突っ込む時の没入感。岩に当たってしまうとその少し前から再スタート。

残念ながら時間内にゴールにたどり着けず…

IMG_9844

IMG_9846

マリオカートアーケード『グランプリVR』

(搭乗者:オカリン、ノリオ)
IMG_9930
IMG_7162
こちらは体験後に対談形式で感想を語ってます。

のりお
『さて、マリオカートやってみた感想はどうでした?』

オカリン
『最高』

のりお
『カートとカートがぶつかった時、本当にぶつかったみたいな衝撃ありましたね』

オカリン
『あの感じは家庭用では味わえないね』

のりお
『最初なんでハンドルじゃなくて、手にセンサーなのかなって思ったけど、アイテムを手で掴むからなんですね』

オカリン
『しかもアイテム使うのも手を振ってやるんだよね』

のりお
『アイテム掴むまで手を下げれないから、タイミングはかってたらずっと片手運転だった』

オカリン
『ながら運転の技術も大事』

のりお
『もうちょっと混雑だけどうにしかしてくれればなー』

オカリン
『そね』

のりお
『未体験の人に「こんな部分がオススメ」っていうのなんかあります?』

オカリン
『まずはアイテムの話が出たのでそこから言うと、ピコピコハンマーで一緒に走ってた知らんカップルの女の子をぶっ叩いたのが面白ろ申し訳なかったw』

のりお
『マイクで声も聞こえますしね』

オカリン
『そそwそれで「きゃー」とか言ってるのが聞こえるw』

のりお
『あれはカップル対カップルっていう構図多いんだろうなぁ』

オカリン
『いいね』

のりお
『そういえばスタートの位置が変でしたね』

のりお
『座席はオカリンが右で俺が左だったのに、ゲーム上は反対だった。』

オカリン
『確かに。まー、そんなに気になることでもないけど』

のりお
『でも簡単に直せるんだろうから、改善した方がいいと思うけど』

オカリン
『そね。ちなみに4人でのバトルだったわけですが、俺は最後の方で2位だったみたいで、最後の最後で亀の甲羅をぶつけて、優勝したんよ』

のりお
『うん』

オカリン
『そういうマリオカートのゲームとしての面白さがちゃんとあったのがよかったね。他のVRのやつはゲーム性はほとんどなくて、一本道というか、あってもちょっとだけ』

のりお
『ちなみにハネチャリも順位ありました』

オカリン
『マリオカートは単にVR体験で面白いでしょっていうだけじゃなくて、ちゃんとゲームとしてもう一回やりたいって思わせるように出来てた』

のりお
『今は人気過ぎて追加で買えないですからねー』

オカリン
『そね。で、VRであることの面白さもちゃんと追究されてて。まずはスピード感』

のりお
『はい』

オカリン
『じっくり冷静に障害物を避けたり、コーナーを曲がるようなレースではなくて、とにかく急き立てられるように無我夢中で操作する感じがよかったね』

のりお
『なるほど』

オカリン
『で、後ろから抜かれたときとか、ビュン!って横を通り抜けられる感じもVRならでは。クソーってなるw』

のりお
『たしかにー』

オカリン
『で、めちゃスピーディーだったこともあってさ。ヘッドマウントディスプレイ付けてることを忘れて、完全にマリオカートの世界に没入してたんだよね』

のりお
『ですね』

オカリン
『他のVRのやつは、まあ没入感はあるけど、冷静にじっくり見られることもあって、VRを体験してるなーって感じなんだけど、マリオカートはVRがどうとか忘れて、マジでその世界の中にいる感じ』

のりお
『素晴らしい』

オカリン
『やっぱ解像度の粗さとかがまだ気になるんだけどさ。マリオカートの場合は、そういうの気にしてる場合じゃないってのが大きいんだと思うけどね』

のりお
『そうですね』

オカリン
『あとさ、VRってどうしても360°をウリにしがちなんだけど、まだ、周りを見渡すときにどうしてもちょっと違和感を感じるわけ』

のりお
『たとえば?』

オカリン
『いや、やっぱ普通に周りを見渡すときと違って、映像が動いてるだけやん、と感じてしまうのよね』

のりお
『なるほど』

オカリン
『視点追従の滑らかさの問題というか、まあこれも解像度の問題だと思う』

のりお
『解像度を上げるのは単純にコストがかかるってことなんですかね?』

オカリン
『そね、8Kになればだいぶ違うと思う』

のりお
『まだまだ凄くなる余地があるな』

オカリン
『で、マリオカートの場合はそんなに視点をぐるぐる動かすことないわけ』

のりお
『まぁ後ろ振り返る余裕はないですね』

オカリン
『とにかく目の前のコースとか障害物を見てないとぶつかるからさ』

のりお
『ですね』

オカリン
『だから違和感を感じにくくて、没入感がすごかった』

のりお
『たしかに』

オカリン
『もっとスピード感をゆっくりして、VRの3D感をじっくりお楽しみくださいっていうふうにも出来たと思うけど、あえてあの速度感にしたんだと想う。あとは、クッパのデカさとかさ、空飛ぶ時の感覚とか、VRじゃないと表現できないよね』

のりお
『ですね』

オカリン
『そういうのも含めて、VR ZONEのマリオカートは今のところ、VRコンテンツの最高峰であると断言しましょう』

のりお
『すごー』

オカリン
『絶対一度は体験するべき』

のりお
『だな!!』

エヴァンゲリオンVR『The 魂の座』

(搭乗者:オカリン)

エヴァンゲリオンVRはエヴァのことをそんなによく知らない僕が体験しても面白かったです。

PVでは映ってないんですけど、体の一部(胸元、腕、足)が映像化されていて、それがまるで本当の自分の体のように感じたんです。

レバーを動かすと少し腕が動いたりして。

もしこれがもっと解像度が上がり、全身と連動して映像が動いたら、本当に自分の体がVRの世界の中に入っているように錯覚するでしょう。

まずはこれが体験できただけでも収穫でした。

さらに液体に浸かるようなシーンがあるんですけど、それも凄くリアルで、VRはスキューバダイビングや水泳系のコンテンツも絶対面白くなると思いましたね。

後は、ドック内ですごく高いところから下を見下ろせるようなシーンがあって、これがまたちょーリアル。

高所恐怖症の人はそれだけでもドキドキなはず。

体験時間が短いので、ゲーム性をじっくり楽しめるものではなかったのですが、出来る操作は移動、使徒に向かってマシンガンなどを撃つ、弾切れになると補給する、ダウンすると「動け動け!」と叫びながらレバーを前後するというもの。

これだけなのですが、結構面白い。

ちゃんと作り込めば、FPSゲームとしても相当クオリティが高いものが出来そう。

エヴァ好きでなくても体験して絶対損はないアトラクションでした!

恐竜サバイバル体験『絶望ジャングル』

(未体験、体験後に追記します)


IMG_7144

釣りVR『GIJIESTA』

(未体験、体験後に追記します)


IMG_7159

装甲騎兵ボトムズ『バトリング野郎』

(未体験、体験後に追記します)

VRシネマティックアトラクション『アーガイルシフト』

(搭乗者:オカリン)
IMG_7149

IMG_7148
IMG_9820

IMG_9827

IMG_9832

『アーガイルシフト』もエヴァと同じようなFPS的ゲーム、、と言いたいのですが、VR ZONEでは体験できる時間が短いのでそこの面白さは物足りないのはしょうがないな、と。
なので、これは相棒のアイネちゃんを愛でるアトラクションと言っても過言ではないでしょう。

「じゃあアニメキャラとかに興味がない人にはつまらないわけ?」と思いますよね。

いえいえ、そんなことはありません。
これは非常に可能性を感じるアトラクションですよ。

例えば女の子でもあらいぐまラスカルとか好きですよね?
母をたずねて三千里に出てくるエテ公とか。(名前わからん)

ああいう子たちが自分の周りをVRでリアルにチョロチョロしてたらかわいいと思いませんか。

僕は残念ながらまだ体験したことがないんですけど、GOROmanさんが作ってるmikulusとかって、こんな感じなのかなーって思いました。

で、喋る人間のようなキャラだと、会話の部分がまだSiriとかりんなレベルになってしまうと思うので、そこがクリアできるまでは、ペット系キャラがいいんじゃないかと。

ニンテンドーDSが出たときも『ニンテンドッグス』ってあったじゃないですか。
あれのもっとすごいバージョンですよ。

というか、他のゲームでもなんでもいいんですけど、VRで相棒がそばに居てくれるっていうのは絶対アリだと思います!

ロープレ系VRがもし今後出るとしたら、SAOのユイちゃんみたいなの必須だと思いますね。

『アーガイルシフト』関係ない話になってしまいましたが、さすが『サマーレッスン』を作った原田勝弘氏監修だけあって、相棒キャラの存在感がすごかったというお話でした。

ガンダムVR『ダイバ強襲』

(未体験、体験後に追記します)

IMG_9899
IMG_7142

IMG_7141

IMG_7140

極限度胸試し『高所恐怖SHOW』

(未体験、体験後に追記します)

ホラー実体験室『脱出病棟Ω(オメガ)』

(搭乗者:オカリン)
IMG_7151
IMG_7153

こういうお化け屋敷的コンテンツはVRでは必須ですね。
怖いのが苦手な人にとってはトラウマが残る体験になるでしょう(笑)

どれだけ怖いのかは、この阿鼻叫喚をお聞きいただいてご判断ください↓

お化け屋敷的なコンテンツは「ワッ!」とか「バーン!」って音がなったり、急に何かが飛び出してきて怖いっていうのがあるじゃないですか。

それだと正直、なんでも怖いですよね。怖いっていうかびっくりするっていうか。

でもVRの場合は、その「バーン!」ってなるまでの雰囲気がもう異常に怖いんですよ。

それにこの『脱出病棟Ω(オメガ)』はそういう脅かし系の怖さだけじゃなくて、刃物が近づいてくる怖さとか、映像と音がちゃんと怖がらせてくれました。

ちなみにこれは出来ればカップルか友達と一緒に体験するべきですね。

ネタバレになるところがあるので言えないのですが、最後の方に隣の人と協力して危機を乗り越えるところがあります。

僕は一人だったので、VR ZONEのスタッフの方に横に乗ってもらいました。

そして残念ながら、一番最後の危機を乗り越えられず死にました(笑)

急滑降体感機『スキーロデオ』

(未体験、体験後に追記します)

近未来制圧戦アリーナ『攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds』

(未体験、体験後に追記します)

巨大風船爆発ルーム『パニックキューブ』

(未体験、体験後に追記します)

バーチャルリゾートアクティビティ『トラップクライミング/ナイアガラドロップ』

(搭乗者:ノリオ)

受付でトラップクライミングかナイアガラドロップを選びます。
私はトラップクライミングを選択しました。

IMG_9870

怪我の恐れもあるため、同意書に名前を記入。

IMG_9873

登ってる途中で霧が噴射したりするようで、専用のゴーグルを貸し出すことも可能です。

IMG_9871

写真ではあまり伝わないですが、壁プロジェクションマッピングで様々な映像が出てきます。

IMG_9898

レベルによって使っていい部分が照らされ、それのみで上に行きます。

IMG_9881

LEVEL1,LEVEL2,LEVEL3はノーミスで順調に行けたのですが、LEVEL4がとにかく難しい。

ボルダリングとしてのレベルが急激に上がった感じで、結局時間内にゴールできず。

ちなみにその時いたVR ZONEのお兄さん曰く『僕がこのアトラクション担当してから、ゴールした人はまだいないですねぇ』とこと。

ボルダリングに自信のある方はぜひ。

VR ZONEその他施設

サマーレッスン無料体験

IMG_7154

トイレ

IMG_7145

VR ZONE STORE

IMG_9902

VR ZONE SHINJUKUへのアクセス

<住所>
東京都新宿区歌舞伎町1-29-1

<営業時間>
10:00~22:00
※最終入場時間21:00

<公式HP>
https://vrzone-pic.com/

マリオカート8 デラックス
任天堂 (2017-04-28)
売り上げランキング: 25

スポンサーリンク

-東京案内

執筆者:


  1. essayforme より:

    write a essay for me http://sdfeklhjyujg.com/

    Amazing a lot of great data.

  2. suba pron より:

    tCHYVn Simply wanna say that this is handy , Thanks for taking your time to write this.

  3. These are genuinely great ideas in on the topic of blogging. You have touched some fastidious factors here. Any way keep up wrinting.

  4. Really enjoyed this article post.Much thanks again. Really Great.

  5. This is one awesome post.Really looking forward to read more. Fantastic.

  6. your blog? Its very well written; I love what youve got

  7. There is visibly a bunch to realize about this. I believe you made some nice points in features also.

  8. hidden camera より:

    Search engine optimization, link management services is one of the

  9. for more info より:

    subject. Fine with your permission let me to grab your feed to keep updated with forthcoming post.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

渋谷に出現した『VR PARK TOKYO』に行ってきたよ

本日は2016年12月16日(金)に渋谷に出現した『VR PARK TOKYO』に行ってきました。 今回は『VR PARK TOKYO』で遊ぶにあたって、いくつか注意すべきだなと思ったことを黄色マーカ …

『こちらの◯◯はお持ち帰りになれます展』に入ってみたら思いのほか楽しかったので共有します

今回は『こちらの◯◯はお持ち帰りになれます展』に行ってきました。 というのは嘘で、『行ってきました』ではなく、『下北沢をふらついてたら偶然入ってみました』ですね。 本当の目的は下北沢にある『Rojiu …

『アドミュージアム東京』でGYOEEEEEE!!ZUKYUUUN!!してきた

今回は『アド・ミュージアム東京』のあるカレッタ汐留にやってきました。 最近は『迷ったら行く』がモットー。どんどん行ったらええやんの精神。 振り返るとこんな綺麗な景色。 最近のiPhoneのカメラは素晴 …

最近行ったイベント(2017年10月)

イベントに行ったり見たりしたんだけど、1記事として書くまでもないなーというのをまとめてみました。 今までは『ちゃんと記事としてまとめてからにしよー』とか呑気なこと言ってそのまま書かないことが多かったの …

都内でドローンを飛ばせる場所はあるの?

ドローンを買ったことだけは書きましたが、飛ばしたことは書いていませんでした。 さて、先日購入したドローンですが、ドローンはどこで飛ばせばいいのでしょうか? 『というかドローンって免許とか要らないの?』 …

今年で解体されてしまうということで、最後にソニービルに行ってきたよ Part.2

2017年2月22日。 今日から『It’s a Sony展 Part.2』が始まるので、早速行ってきました。 『It’s a Sony展 Part.1』についてはこちらの記事を参照ください。 関連記事 …

インスタグラマー必至?ナイトプールでパリピしてきた

なにぬねのりおだす。 Twitterとかでは『ノリオメモ』という名称なので、たまに『ノリオメモさん』とか言われて恥ずかしかったりします。 せっかくだから久しぶりにTwitterとInstagramのリ …

人気のページ

アーカイブ


TOP