ノリオメモ

堀江貴文&落合陽一『10年後の仕事図鑑』を読んで、10年後に【なくなる仕事】と【生まれる仕事】を考える Part.4

投稿日:

前回からの続き。

関連記事:堀江貴文&落合陽一『10年後の仕事図鑑』を読んで、10年後に【なくなる仕事】と【生まれる仕事】を考える Part.1
関連記事:堀江貴文&落合陽一『10年後の仕事図鑑』を読んで、10年後に【なくなる仕事】と【生まれる仕事】を考える Part.2
関連記事:堀江貴文&落合陽一『10年後の仕事図鑑』を読んで、10年後に【なくなる仕事】と【生まれる仕事】を考える Part.3

ウサイン・ボルトを見習え

ウサイン・ボルトといえば、100m最速の男(9秒58)で、100m以外にも150m、200mで世界新記録を出しています。

しかし100mがいくら速くても実社会ではまったく役に立ちません。

「僕だって、バイクに乗ればボルトくらい一瞬で追い抜ける。ただ、同じ条件で勝とうとしたら、もう1回生まれ直す必要がある。つまり、この代替不可能性に人は熱狂し、価値を見いだしているのだ。もちろんボルトには生まれつきの才能があるだろう。ただ、走ることは好きで好きで仕方なかったはずだ」

もう現金はいらない

お金は単なる信用で、物理的な貨幣としてのお金に本質的な価値があるわけではないことは、だんだんわかってきたと思いますあ、落合氏は、今後はお金に換わる信用が、さらに生まれると書いています。

「お金というのは本来、「価値を交換するための単なるツール」にすぎなかった。貨幣に価値があるのは、「貨幣に価値があると誰もが信じている」からだ。つまり逆をいえば、貨幣でなくとも、信用を担保にした新たな経済指標(貨幣に代わるもの)が生まれることも当然である」

今はクラウドファンディングやVALU、タイムバンクがそれに該当するでしょう。

クラウドファンディングは応援の意味合いも強いですが、支援することでオリジナルグッズなどお店で買えないリターンが受け取れたりします。VALUも同様に優待が受けれたり、VA自体を売買できます。タイムバンクはその人の時間をもらうことができるので、時間を担保にした新たな経済指標でしょう。

そしてモノとしてのお金もだんだんと不要になってきています。

今はコンビニでもsuicaやpasmoなどの電子マネーやクレジットカードが使えるし、現金はモノとして邪魔だし落としてしまうなどのリスクがあります。

中国では露天商もホームレスもQRコードで決済、物乞いをしているらしい。

日本でQRコード決済をしている人なんてほとんど見たことない。

べつにQRコードにしろと言っているわけではないですが、1円単位の細かい現金を財布からあくせく探す時間を考えると、電子マネーがもっと個人商店にも普及してほしいなとは思います。

簿記を学べ

個人的にはホリエモンがこういうことを言うのは意外でした。

「僕は、AI時代であっても、「簿記」はぜひ理解してほしい知識だと考えている。BS/PLがわかると、世の中の仕組みがかなり見えてくる。たとえば、銀行のBS(貸借対照表)は普通の会社と逆になる。つまり、普通の会社なら、「資産」の部の上のほうに預金を載せるが、銀行にとっては負債になる」

ちなみに私はいまだに貸借対照表の見方をわかっていないので、これを機に貸借対照表の見方くらいは覚えようかなと。。。。

改訂版 マンガでやさしくわかる日商簿記3級
前田 信弘
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 51,702

交換できる価値の缶詰

上記で書いたクラウドファンディングやVALU、タイムバンクは、まさに交換できる価値の缶詰みたいなもので、交換可能性のある知識や価値をお金に交換します。

たとえば他人の健康は、自分の健康に置き換えることができないので交換不能ですが、「健康になるための情報」は交換可能です。

またクリエイターが作品を作った場合も交換可能。

そうやって自分が交換できる価値を増やしていって、価値の缶詰にしていこうと。

自分自身がたくさんの価値が詰まった缶詰になれば、その人自身の価値が上がり信用となります。信用が上がれば、クラウドファンディングやVALU、タイムバンクでお金に交換しやすくなると。

これからは、一人一人が市場になっていく時代です。

プリンテッド・ロボティクス

プリンテッド・ロボティクスとは、3Dプリンタなどで「ロボットがロボットを作る」こと。

これはボストンダイナミクスのロボット動画。

3Dプリンタで一気に作ることで、油圧や溶接が不要になったらしい。

それによって強度や運動の制約が大幅に上がったことでダッシュしたりジャンプや宙返りが可能になったと。。。。

これからは人がロボットを作るのではなく、ロボットがロボットを作る時代になります。

まとめ

あれも重要これも重要と、読みながら記事を書いていたら、なんだかとても長くなってしまいました。

Twitterの140文字では全然足りないくらい、あれもこれもアンダーライン状態。

「「仕事を奪う」といわれているAIは、「仕事の時間を生み出す」上で大きな役割を果たす」

AIは「仕事を奪う」のではなく、「仕事の時間を生み出してくれる」という考え方になれば、自ずと次の一手も見えてくるかもしれません。

堀江氏、落合氏の著書を何冊も読んでいる人にとっては重複するような内容もありますが、それでも常に最先端を走っている2人の情報や思想は、ラーメン2杯分(1,500円)以上の価値を感じます。

最後に、近畿大学卒業式でもおっしゃっていた、著書内の強烈なホリエモンフレーズで終わりにしたいと思います。

【未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ】

10年後の仕事図鑑
10年後の仕事図鑑

posted with amazlet at 18.09.15
堀江 貴文 落合 陽一
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 145

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

ノリオの5月イベントメモ

イベントにはいっぱい行くんだけど、その都度のアウトプットがTwitterでしかできていない私。 Twitterは文字数も写真の数も限られているので、できればブログでちゃんと書きたいのですが、全然追いつ …

【『お前の銃弾、あと何発?』 ~弾切れにならないためのインプットとアウトプット~】をpolcaで購入できるようにしたよ

先日、発売しました【『お前の銃弾、あと何発?』 ~弾切れにならないためのインプットとアウトプット~】。 関連記事:ノリオメモがKindle本(電子書籍)を出版したよ|お前の銃弾、あと何発? 現在、A …

ごはんメモ:MAISON KAYSER & 粥茶館 糖朝

今回はいただきものの『MAISON KAYSER(メゾンカイザー)』のパンと、『粥茶館 糖朝(かゆさかん とうちょう)』のエッグタルトを紹介。 ちょっと焼きすぎた… 左が『MAISON KAYSER( …

VALUでの邂逅 2018

たまにはVALUについてのことを書いてみます。 2017年上半期にスタートしたVALUも、最初は儲かる儲からないで語られていたものから、徐々に新しいコミュニティとして成立してきていて、教わったこともた …

『#はあちゅうサロン』に入った話

いきなりですが『#はあちゅうサロン』に入りました。 あちこちで言っているのですが、5月から新サービス『CHAINS』をスタートさせるので、その広報や宣伝のため、最近はなるべく人に会いまくってます。 会 …

【Hello hey】に行ってきた

今回は株式会社ヘイさんのオフィスを見学してきました。 株式会社ヘイは2018年2月1日に決済サービスを手がけるコイニーと、ネットショップ開設サービス「STORES.jp」を手がけるブラケットが経営統合 …

ごはんメモ:SHAKE SHACK(シェイクシャック)

今回は『ノリオンラインサロン』の定例会にて、SHAKE SHACK(シェイクシャック)へ行ってきました。 SHAKE SHACK(シェイクシャック)は、NY発のハンバーガーショップで、日本に上陸したの …


TOP