ノリオメモ

ジェフリー・ムーア『キャズム』を読んでキャズムを越えろ!!

投稿日:

今回読んだ本はジェフリー・ムーア『キャズムVer.2 増補改訂版』です。

キャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング理論
ジェフリー・ムーア
翔泳社
売り上げランキング: 5,666

「キャズム」という言葉はどれだけの人に認知されているのだろうか。まずはこの言葉自体がキャズムを越えているのかわかりませんが、簡単に説明すると、ハイテク業界の市場は以下のように分類されています。
(イノベーター理論)

①イノベーター
②アーリー・アドプター(アーリーアダプター)
>>>>>キャズム<<<<<
③アーリー・マジョリティー
④レイト・マジョリティー
⑤ラガード

この溝(キャズム)にはまって抜け出せないプロダクトは多いですが、キャズムに落ちないように、落ちても抜け出せるようにが指南されている本です。

ターゲット・マーケットの選び方

キャズムの概要や前例など、前半部分は他サイトにお願いするとして、この記事は後半部分に焦点を。

まずはターゲット・カスタマーを細かく設定。そしてそのシナリオをできるだけ多く集めます。

・年齢
・性別
・職業
・趣味
・家族構成
・年収
・課題

などなど。なるべく細かく。

そしてすべてのシナリオに番号を付けて社内で評価。

そこまで難しくはありませんが、これを徹底的にやっている会社はどれだけあるのだろう。。。。
(自分はできていない)

ホールプロダクトを構築するときの留意点

ホールプロダクトのモデル図を作成。
(製品周辺の補助製品や補完サービス)

そして自社担当を塗りつぶすことで、それ以外が顧客やパートナー企業が担う部分だと把握。

機能を盛り込みすぎたホール・プロダクトは維持・管理が困難。
(少しずつ増やせばOK?)

すべての関係者の立場からホールプロダクトの見直し。

あとはパートナー企業との交渉術やベンダーへの落とし込みなど。

作戦の実行

最初の目標は、顧客を重視するタイプの販売チャネルの確保。
(顧客が「そこから製品を買いたい」と思わせる必要あり)

直販でない場合、キャズムを超えるまでは、需要を作り出して製品の浸透を加速させる役割を果たすチャネルを別で用意。

販売チャネルには十分な報酬を。

用語メモ

ちょっとざっくりしすぎている感は否めないですが、興味のある人はぜひ読んでみてください。

キャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング理論
ジェフリー・ムーア
翔泳社
売り上げランキング: 5,666

そしてこの手の本は毎度のことながら、わからない用語が多い。。。。

のでメモ的に用語集をば。

(マーケティング界隈にいる人には耳慣れた言葉なのかもしれませんが…)
 

VRML virtual reality modeling language。インターネット上で3次元の画像を構築するための言語。
バイスプレジデント 直訳すると副社長。本部長・部長・次長クラスのポジションのことを指すケースが一般的。
サイコグラフィック特性 心理学的属性。ライフスタイル、行動、信念(宗教)、価値観、個性、購買動機などによって顧客を分類するための基準。
ホールプロダクト 自社製品の補助製品や補完サービスを段階的に揃えること。
NDA Non-disclosure agreement。秘密保持契約。
VAR Value at Risk。予想最大損失額。
アフターマーケット 修理や管理など、商品販売後のサービス需要に対する市場。
フリーミアムモデル 基本的なサービスを無料で提供し、場合によって広告収入や有料会員などで収益を支えるサービス。「フリー(無料)」と「プレミアム(割増)」を合わせた造語。
CRM Customer Relationship Management。顧客関係管理。
R&D Research and development。研究開発。

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

結局ガクトコイン(SPNDLE)はどうなの?

最近話題のガクトコイン(SPNDLE)ですが、さまざまな憶測が流れていますね。 まずはガクトがICOに参入したこと自体を知らない人もいるので、簡単にまとめます。 【大城 ガクト】と【 仮想通貨 】|G …

松下まり子『RAW』は『生』『死』『性』『哲学』すべてを感じることができる

今回紹介するのは松下まり子『RAW』です。 松下まり子さんは1980年に大阪で生まれのアーティストで、絵画表現に加えて、パフォーマンスや映像、写真など幅広い活動を展開しています。 松下まり子 油絵を主 …

ノリオが最近食べたものをアップしていくよ Vol.1

最近よく考えること。 それはなにかというと『新しいコンテンツ』。 最近はYoutubeや食べ物のレビューなど、なんでもコンテンツになる時代。 できれば自分の生活や楽しいと思うものがコンテンツになれば自 …

ごはんメモ:鳴門鯛焼本舗 東京ミッドタウン前店

六本木を歩いていたら、ふと目に入った鯛焼き屋さん。 看板の期間限定りんご味が気になって食べてみました。 りんご味鯛焼き230円。 看板には【期間限定】なのに袋に【季節限定】と書いてあることに違和感を持 …

活きダコを食べてきたよ。

前回の犬鍋の回で書いた活きダコ。 普段から食べたいものややりたいことはなるべくメモっておくのですが、たまたまテレビで紹介されているのを見て、すぐに直行。 新宿にある『韓花(ハンファ)』というお店。 新 …

THE EUGENE Studio『1/2 Century later.』の世界観が哲学的で難しかった

今回紹介するのはTHE EUGENE Studio『1/2 Century later.』です。 場所は銀座の資生堂ギャラリー。日本最古の画廊です。 なんだか外観もオシャレ。。。。 入り口は大通りでは …

ノリオの過去日記 Vol.1『この写真どこだかわかりますか?』

最近写真を撮ることが増えたので整理しているのですが、昔からデジカメを持ち歩いて色々と撮っていたこともあり、気がつけばこの10年くらいで16,000枚くらいの画像が溜まりました。 10年前はブログやmi …

人気のページ

アーカイブ


TOP