ノリオメモ

祝!クロワッサンリベンジ in エシレ!!

投稿日:

先日訪れた『エシレ・メゾン デュ ブール』。

完全にクロワッサンが買えなかったので、改めてリベンジしてきました。

関連記事:原材料の50%がエシレバター!!究極のクロワッサン!!が買えなかった話

〜いざリベンジ〜

前日夜に『アソ部』グループで「誰か一緒に行くー?」と声をかけたところ、かやさん(@kaya_ayaka )とタッツ(@blackbitou22 )が名乗りを。行動力素晴らしい。

そして私は遅刻なう。

10時集合、13分遅刻の私ですが、すでに大行列。

他の商品が売り切れて行く中、なんとかクロワッサンは無事。

クロワッサンは1人6個まで。

1時間並んでようやくIN。想像以上に長かった。。。。

クロワッサンありました。

偶然、パンフレットに近い構図での撮影に成功。

宝の山。

ということで、3種類のクロワッサンをそれぞれ購入。

前の人は2人で2万円も買っていた…

ちなみに並んでみた体感や、ネットで調べるかぎり、行く目安はこんな感じ。

ガトー・エシレ:9時から並んで買えるかどうか
マドレーヌ・ア・パルタジェ:9時から並んで買えるかどうか
クロワッサン:午前中に行って買えるかどうか
サブレ・エシレ:午前中に行って買えるかどうか
パン類:午前中に行って買えるかどうか
フィナンシェ&マドレーヌ:比較的いつでも買える
アイス、ケーキ類:比較的いつでも買える

〜翌日実食〜

本当はなるはやで実食すべきなのですが、パンは朝、コーヒーと共に楽しみたい派なので翌日へ。

親切に紙袋にどのクロワッサンか記載されています。3種類セットで買う人が多いのでしょう。

開封。

有塩無塩は原材料50%がエシレバターという噂のクロワッサン (税込454円)。
もう一つがトラディシオン(税込368円)。

トラディシオンが一番大きいですね。

断面。

焼いてみる。

が!!

普通のクロワッサンよりも油分が多いからなのか、背が高いからなのか、めちゃくちゃ焦げやすい!!

マジでみんな気をつけて!!5秒くらい目を離すと一気に焦げます!!

〜実食〜

食べてみると、有塩無塩のバターは表面以外はあまり変わらない印象。外はパリっと、中はジュワー。特に底の方がバターでギトーっとしていますが「これはエシレバターのギトーなんだー」と思うと、嫌な感じはしません。

トラディシオンは有塩無塩と比べるとさっぱり。

個人的には有塩が一番好きかな。無塩は少し物足りない感じがします。

そして1個500円と考えると、改めて何度も食べたいとまではいかないかなというのが正直な感想。美味しいんですけどね。

500円出すなら、もっと他の未知なるパンたちを追い求めたい。

ただ、やはり一度くらいは食べてみてエシレバターのギトーを感じもらいたい笑

そんなクロワッサンです笑

ということで、興味のある方はぜひ並んでください笑

エシレ・メゾン デュ ブールへのアクセス

<住所>
東京都千代田区丸の内2-6-1
丸の内ブリックスクエア1F

<営業時間>
10:00~20:00(無休)

<電話番号>
03-6269-9840

記事を書いている人

ノリオメモ(@noriomemo )

株式会社NOOE.TOKYO 代表取締役兼COO。美容健康系メディアなどの運営を経て、2018年5月、起業家と投資家をマッチングさせる『CHAINS』をローンチ。

2018年7月からはオンラインサロン『ノリオンラインサロン』を主催。遊ぶことに命かけてる。アソ部主催。

記事広告や体験レポート執筆などのご依頼はいつでもお待ちしております。新しいサービス大好き。

詳しくはこちら

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

今日は3月11日ですね。

今日は3月11日ですね。 この写真は2011年6月25日に宮城県石巻市に行ったときのものです。 まぁみんな色々思うことがあるでしょう。 それについてはまたの機会に。

ヴィトンヘスス・ラファエル・ソト『Pénétrable BBL Bleu』

今回行ってきたのは、ヘスス・ラファエル・ソト『Pénétrable BBL Bleu』。 ヘスス・ラファエル・ソトはベネズエラ出身の アーティストで、現代彫刻センター (東京、1986 年)、神奈川県 …

最近の『#はあちゅうサロン』事情(2018年7月)

はあちゅうサロンがスタートして3か月が経過しました。 サロン内では日々、インフルエンサーに対する扱いや、お金の話など、相容れないメンバーが次々と去っていく中で、残っているメンバーの方向性が少しずつ合致 …

銀座で霧の彫刻!中谷芙二子+宇吉郎展『グリーンランド』

今回紹介するのは中谷芙二子+宇吉郎展『グリーンランド』です。 中谷芙二子さんは1933年生まれの芸術家で、1970年の大阪万博ペプシ館にて人工霧による『霧の彫刻』を発表しています。 「屋外だと風に飛ば …

【WINTER TABLOID 2018 FOR MEN WELCOME PES&in-d】へ行ってきた話

『Minergate(マイナーゲート)』で仮想通貨のマイニングに挑戦

最近仮想通貨の購入をたくさんしている私ですが、ふと『そういえば個人でマイニングって本当にできないのかな?』と疑問に思いました。 聞いた話では『電気代の方がかかるから赤字になる』という説がかなり有力っぽ …

LetterPot(レターポット)について考えてみる

最近、サービススタートしたばかりのLetterPot(レターポット)。 これはキンコン西野氏がクラファンで集めた費用でスタートさせたサービスです。 1,000万円以上集めてるあたりはさすがです。 (い …

人気のページ

アーカイブ


TOP