ノリオメモ

はあちゅう×小野美由紀 『小説でしか表現できない私たちの気持ち』を読んで

投稿日:2018年5月31日 更新日:

今回は#はあちゅうサロン内企画【電子書籍プロモーション相談】について。

電子書籍ってなかなか売れないらしい。はあちゅう先生クラスでも、やはり紙媒体に比べると売り上げはかなり落ちてるみたい。

持ち運びは楽だし、暗い中でも読めるし、紙媒体と違ってセールがよくあるし、たくさんメリットがあるのですが、逆に貸し借りができなかったり、電子書籍だと読みにくい本(大きい書籍)があったり、徐々に普及しているものの、紙媒体にはなかなか追いつけていないのが現状。

あとは電子書籍の規格やプラットフォームがかなりシェア争いしてるのも原因かなと。

ちょっと調べただけでこんなにあったし。。。。

・Kindle
・楽天kobo
・iBooks
・Reader Store
・honto
・eBookJapan
・LINE マンガ
・Renta!
・Yahoo!ブックストア

そういった理由もあり、#はあちゅうサロン内の10名にプロモーションも兼ねてプレゼントしてくれました。

それがこちら。

はあちゅう×小野美由紀 『小説でしか表現できない私たちの気持ち』。

小説でしか表現できない私たちの気持ち (幻冬舎plus+)
幻冬舎 (2018-05-25)
売り上げランキング: 40,433

2月7日のセミナーを再構成したもので、対談記事、インタビュー記事に近いかもしれません。

小野「小説を書き始めてからはスマホを捨てました」
はあちゅう「小説は書き始めたら楽しいけどしんどい」

2人共、共通するのは「小説を書くのは大変」ということ。ブログやエッセイは、隙間時間でサラサラ手が動くけど、こと小説に関してはそのための時間を捻出し、集中する必要があるとのこと。

Q&Aでは、「ブログやnoteで頭一つ飛び抜けるにはどうしたらよいか」の質問に「旬のメディアで書くこと」「どんなことを書きたいか」「どんなテーマでバズらせるか」などを挙げるはあちゅうに対して、「書いてから考えればいい」と言う小野。

「行き詰まった時のリフレッシュ」に関しては、2人共「違うことをする」で一致。エッセイが書けなければ小説、逆もしかり。

はあちゅうが小説を書く理由、小野が毎日4,000字の執筆を2年続けられた秘訣など、文字を書くことへの情熱や執念が感じられます。

この本に限った話ではありませんが、2人が小説を書けたのは2人の実行力遂行力がなせた技でもあると思うので、これから小説やブログを書きたい、何かをクリエイトしたい人は、どんどん作っていくことから始めるべきだなと。何もクリエイトしていないゼロの状態では反省も振り返りもできないし、ゼロからイチを生み出していく。そしてそれを継続することでしか増えていきません。

そして全然関係ないですが、kindleで「はあちゅう」検索したら、kindleのはあちゅう本の多さにビビりました。こんなに出してたのか。。。。

小説でしか表現できない私たちの気持ち (幻冬舎plus+)
幻冬舎 (2018-05-25)
売り上げランキング: 40,433

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

最近(書評や要約で)読んだオススメ本を紹介するよ#04

成田なう。 エリンギと福岡に行く予定が同じ飛行機が取れず、一本遅い便で。 するとエリンギが『俺も一本遅らす』と言い出し、チェックイン後にチケットを持って交渉に行ったら『チェックイン後は変更できません』 …

COMSAがZaifに上場するので、トークンの受け取り方法を共有しておくよ

結構前に買ったCOMSAがいよいよzaifに上場するようです。 上場は2017年12月4日予定。 CMSトークンの配布は2017年11月30日予定。 COMSAのトークンセール時もそうでしたが、zai …

ノリオ、PhotoshopとFinal Cutを導入したってよ

超絶今さらですが、Photoshop CCとFinal Cut Pro Xを導入しました。 導入の経緯 まぁ元々導入したいとは思っていたのですが、なかなか必要に駆られる機会もなかったので、このタイミン …

こだわることで自分を見失ってはいけない

こだわりはとても大事ですが、時に【こだわる】ことで自分を見失ってしまうことがあります。 今回は自分の経験(サプリメントバカ編、音響バカ編)を踏まえて、振り返ってみましょう。 サプリメントバカ編 こちら …

ノリオのVALU日記 #36『生まれて初めてのドローン操作』

VANQUISH石川さんのVALU優待Tシャツが届きました。 #FR2のVALU限定Tシャツ。 バック中のラビットが可愛い。 さぁいつ着よう。。。。 <石川涼VALU> https://valu.is …

Nerhol『釘がないので』(#雑レポート)

YKG / Yutaka Kikutake Galleryで開催中のNerhol『釘がないので』 Nerhol(ネルホル)は、飯田竜太と田中義久の二人からなるアーティストデュオで、紙を重ねて作る制作方 …

山口製作所『町工場とできること』|日本の技術は凄い

今回紹介するのは山口製作所の『町工場とできること』です。 お目当はこちら。 入口にありました。 ワイヤーで作った車。 細部までかっこいい!! 会場はこんな感じ。 受付も警備員も誰もおらず。。。。 キャ …

人気のページ

アーカイブ


TOP