ノリオメモ

LetterPot(レターポット)について考えてみる

投稿日:2018年1月3日 更新日:

最近、サービススタートしたばかりのLetterPot(レターポット)。

これはキンコン西野氏がクラファンで集めた費用でスタートさせたサービスです。

1,000万円以上集めてるあたりはさすがです。
(いくら著名な人が募ったって、集まらないものは集まらないですからね)

『要らない誕生日プレゼントをたくさん貰っても、部屋が狭くなるだけですし、家に遊びに来るかもしれない友達からの贈り物だから捨てるわけにもいきません。
ただ、「要らない」と言ってしまうと、相手の機嫌を損ねてしまいます。』

キンコン西野の新サービス『レターポット』の開発費用を集めたい – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

これは自分も昔から疑問に感じていることだったりして、昔、親から誕生日を祝うというので1階のリビングに呼ばれたのですが、その時、私は自分の部屋で『今はいい』と断ったことに対して、『せっかく祝ってるんだぞ』というような怒られ方をした記憶があります。

その時『誰のための誕生日?』という疑問が残り、今現在もさまざまな場所で『それ誰への気遣い?』という疑問として遭遇します。

プレゼントは【貰った人のため】なのか【あげる自分のため】なのかを明確にした方がいいですね。

後者なら後者でいいと思うのですが、どうも混同してしまっている人が多すぎる気がします。

LetterPot(レターポット)について考える

そしてようやく本題へ。

まず、私もLetterPot(レターポット)に登録してみました。

レターポット – LetterPot (α)

Facebookアカウントで登録できるので結構気軽に登録できちゃいます。

ノリオさんのレターポット | LetterPot (α)

さて、このLetterPot(レターポット)ですが、今後はどのような形で広まっていくでしょうか。

たとえば結婚式などでよく送られる祝電。

祝電はだいたい一通1,000円くらいが相場ですが、これをレターポットに置き換えたらどうでしょうか。

通常の祝電だと、披露宴で読み上げて手紙を貰って終わり。

しかしレターポットを送れば、それがそのまま【価値のあるもの】として送ることができます。

祝儀も兼ねて長文でレターポットを送るとかも粋かもしれません。

また西野氏が書いていましたが、被災地への折り鶴など。

私は感情論や非科学的なものが嫌いだから特に強く思うのかもしれませんが、被災地の人は折り鶴なんか欲しくないと思ってます。

かといってその瞬間にレターポットが欲しいかはわかりませんが、レターポット自体に価値が付けば、金銭としての寄付をしているのと一緒ですよね?

そういう意味ではアリかもしれません。

ちなみに送りたい相手がレターポットをやっていなかった場合でも、SMSで送ることができるようです。

今後、このレターポット自体が価値を持ち、このレターポットで買えるものがでてきたりするかもしれません。
(あくまで手紙なので、仮想通貨的にレターポットが値上がりするとは考えにくいですが)

ちなみに私のレターポット。

誰からもお手紙いただいておりませんので、いつでもお待ちしております。

ノリオさんのレターポット | LetterPot (α)

<追記>

ふとレターポットを見たら、そんぷ~ @香港さんからレターポットをいただきました。

そんぷ~さんはTwitter上では鋭いコメントが目立ちますが、優しいお手紙でした。

そんぷ~ @香港さんのレターポット | LetterPot (α)

ちなみにレターポットが届くと、登録したメールアドレスにメールが届くんですね。

レターポットの後に気づきました。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告
西野 亮廣
幻冬舎 (2017-10-04)
売り上げランキング: 127

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

もうパスワードを設定する時代でもないと思う

ここ数年、さまざまなサービスのセキュリティが強化されていますね。 二段階認証だったり、パスワードの複雑化だったり。。。。 そしてこのセキュリティの強化が、自分の首を絞めている気がしてなりません。 たと …

高城剛のポッドキャスト『高城未来ラジオ』が面白い

最近移動中に高城剛のポッドキャスト『高城未来ラジオ』をよく聞いています。 ポッドキャストって今まであまり面白いと思えるものがなかったのでスルーしていたのですが、偶然ネットサーフィンをしていたら発見。 …

サーティワンの新商品『アイスクリームピザ』を食べてみた

最近はブログを書くためにイベントに参加してるんじゃないかとさえ思う。 日々Twitterやその他のインターネットでイベントや目新しいものを探し、それをブログにアップ。 自分たちでは『ネットパリピ』とい …

『こちらの◯◯はお持ち帰りになれます展』に入ってみたら思いのほか楽しかったので共有します

今回は『こちらの◯◯はお持ち帰りになれます展』に行ってきました。 というのは嘘で、『行ってきました』ではなく、『下北沢をふらついてたら偶然入ってみました』ですね。 本当の目的は下北沢にある『Rojiu …

#はあちゅうサロン 7月定例会後記

7月11日に開催された、#はあちゅうサロン 7月定例会。 今回はビジネスデザイン局が担当だったのですが、6月のクリエイティブ局に圧倒されて、かなりハードルが上がっていましたが、 今回のリーダーはヒッキ …

攻めまくってるファッションブランド『#FR2』から目が離せない

私はファッションなどには超無頓着で、洋服を買う機会どころか、洋服屋に入る機会もほとんどないのですが、唯一、好きなブランドがあります。 それは『#FR2』。 VANQUISHなどを手掛ける石川涼氏のブラ …

ノリオのVALU日記 #35『狩猟免許試験準備講習会へ申し込み』

ようやく次は事前講習会の申し込みです。 関連記事:ノリオのVALU日記 #34『狩猟免許試験に向けてどう勉強すればいいのか』 改めて電話で銃砲店のガンショップ・トーシンに確認。 俺『狩猟免許試験準備講 …

人気のページ

アーカイブ


TOP