ノリオメモ

ジョブズをざっくり3時間で知れる!!『スティーブ・ジョブズのことがマンガで3時間でわかる本』

投稿日:2018年11月15日 更新日:

今回読んだ本はこちら。

『スティーブ・ジョブズのことがマンガで3時間でわかる本』

スティーブ・ジョブズのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)
石野みどり
明日香出版社
売り上げランキング: 139,411

タイトルのままですね。

Wikipediaの情報だけじゃちょっと物足りない、、、、かといって、自伝をじっくり読むほどでもない。

そんな方はこの本か、DVDがよいかと笑

スティーブ・ジョブズ [DVD]
ポニーキャニオン (2016-08-17)
売り上げランキング: 28,101

今回はこの本で初めて知った、ジョブズの初耳学をまとめたいと思います。

マッキントッシュは、カナダ産のリンゴの品種

アップル・コンピューターが発売していた『Macintosh(マッキントッシュ)』は、当時の会長であるマイク・マークラが好きな林檎の品種名『Mcintosh(マッキントッシュ)』から名付けたものだそう。

『Mcintosh(マッキントッシュ)』と、aが入っていないのですが、区別するためにaを入れてたとのこと。

ジョブズは養子だった

こういうことすら全然知りませんでした。

ジョブズの実父、アブドゥルファター・ジャンダーリは、1931年にホムスで生まれ、アメリカに移民。そこで恋に落ちた女性との間にジョブズをもうけますが、女性の父親が結婚に猛反対したことで、養子に出されてしまいます。

結果的に、実母には探偵を使って会うことができたが、実父には、偶然会った以外には、親子としての再会はなかったと。
(誰か補足を)

ジョブズはアップルに復帰させた当時の社長、ギル・アメリオを「才能がないから」と追い出した

ジョブズが一度、アップル・コンピューターを追い出され、その後、復帰するレベルの話は私でも知っていましたが、それを画策したのは当時の社長、ギル・アメリオ。

しかし復帰後、ギル・アメリオが使えないと思ったジョブズは、ギル・アメリオを追い出してしまいます。

ジョブズのタートルネック

スティーブ・ジョブズと言えば黒のタートルネックですが、大好きな三宅一生のナイロン製ジャケットを会社の制服にしたかったので、100着ほど製作したのに、提案したら社員たちに却下されてしまい、仕方なく一人で着ていたそう…

記事を書いている人

ノリオメモ(@noriomemo )

株式会社NOOE.TOKYO 代表取締役兼COO。美容健康系メディアなどの運営を経て、2018年5月、起業家と投資家をマッチングさせる『CHAINS』をローンチ。

2018年7月からはオンラインサロン『ノリオンラインサロン』を主催。遊ぶことに命かけてる。アソ部主催。

記事広告や体験レポート執筆などのご依頼はいつでもお待ちしております。新しいサービス大好き。

詳しくはこちら

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

2019年3月18日『アソ部バー』を開催します

イベントバーエデンに、アソ部がやってきた!! 2019年3月18日、イベントバーエデンにて『アソ部バー』を開催します。 「遊ぶことについて話したい」「こんな遊びやってみたい」「この話聞きたい」、、、、 …

Ascending Art Annual Vol.3 うたう命、うねる心(#雑レポート)

スパイラルガーデンで開催中の『Ascending Art Annual Vol.3 うたう命、うねる心』 鯨のリサーチを通じ、亡くなった鯨の身体が深海に沈み、生物に食べられることによって形成される生態 …

#はあちゅうサロン 7月定例会後記

7月11日に開催された、#はあちゅうサロン 7月定例会。 今回はビジネスデザイン局が担当だったのですが、6月のクリエイティブ局に圧倒されて、かなりハードルが上がっていましたが、 今回のリーダーはヒッキ …

『これからの世界をつくる仲間たちへ』は現代人への強烈なラブレター

今回読んだのは落合陽一氏『これからの世界をつくる仲間たちへ』です。 これからの世界をつくる仲間たちへ posted with amazlet at 18.04.20 落合 陽一 小学館 売り上げランキ …

日本初の瞑想スタジオ『muon Shinjuku』でスタジオ瞑想初体験

日本初の瞑想スタジオ『muon Shinjuku』でスタジオ瞑想を初体験してきました。 STUDIO – muon 音声ガイダンスと空間が連動し、参加者は五感をフル活用して自然と瞑想状態に …

『Flora: Living Postcards』展(#雑レポート)

今回紹介するのは、GUCCI銀座7階で開催されている『Flora: Living Postcards』展。 グッチ銀座の店内を通過し、エレベーターで7階へ。 エレベーターのドアが開くと、いきなりるフロ …

巴亮介『ミュージアム』で狂気を感じろ

今回読んだのは巴亮介『ミュージアム』。 ミュージアム(1) (ヤングマガジンコミックス) posted with amazlet at 18.11.27 講談社 (2014-04-04)売り上げランキ …

人気のページ

アーカイブ


TOP