ノリオメモ

裸足で体感する『チームラボ プラネッツ TOKYO』に行ってきた

投稿日:2018年7月31日 更新日:

先日『チームラボ ボーダレス』についての記事を書きましたが、中2日で『チームラボ プラネッツ TOKYO (teamLab Planets TOKYO) DMMcom』にも行ってきました。

関連記事:究極のインスタ映え『チームラボ ボーダレス』を撮り尽くしてきた

『チームラボ ボーダレス』の記事でも書きましたが、『チームラボ プラネッツ』でも、行く前の注意点を自分なりにまとめてみました。

『チームラボ プラネッツ』攻略への道

時間帯まで予約

『チームラボ ボーダレス』では、日にちの予約のみなのですが、『チームラボ プラネッツ』では、時間帯まできっちり決まっていますので注意です。

スカート厳禁

『チームラボ ボーダレス』もそうですが、鏡を上手く使うことで上下左右への奥行きを演出しています。

地面が鏡張りになっている部分も多く、スカートで行くと結構恥ずかしい感じになるので注意です。
(パンチラ注意)

長ズボン厳禁

『チームラボ プラネッツ』では、水深30cmほどの水に入るフロアがあるので、長ズボンは厳禁です。

まくれるようなものにするか、半ズボンなどがオススメ。

一眼レフ注意

上にも書きましたが、水に入るフロアがあります。スマホはスマホケースを借りることができますが、もちろん一眼レフは入らないので注意が必要です。キャップを落としたりとかマジで気をつけてください。

裸足で体感する『チームラボ プラネッツ TOKYO』に行ってきた

場所は新豊洲。

ちなみに私は豊洲駅から歩きました。
(10分くらい)

コーンがブラックでかっこいい。

チームラボウォーター。
(500ml)

防水スマホケースを渡されます。
(出口で返却)

中に入ると、注意事項等の説明を受けます。

そしてGO。

こちらはロッカー。ロッカーに荷物を入れて、裸足になります。

ここからは暗闇ばかりなので、写真はほとんど撮れていません。

『チームラボボーダレス』と違い、きちんと順路が決まっています。

謎の滝。

こちらは床が全部堕落ソファー(ビーズクッション)になっている、不思議な空間。ここを通らないと先へ進めません。

ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ブラウン PCM-6512T
フレックス販売 (2012-05-14)
売り上げランキング: 440

そして先へ進むと…

【Wander through the Crystal Universe】

チームラボといえばこれ。って感じなんですかね?まぁ何回見ても素晴らしいですよ。

毎秒、見せる表情が違うので、ずっと見ていられます。

ちなみに床がミラーなんですけど、裸足でも歩いてもまったく汚れが付かないようにコーティング加工されています。

操作してみました。

そしてさらに進むと…

水深30cmほどの水。

鯉が泳いでいるインスタレーション。


別ルートにこんな展示まで。

抜けると、足を拭いて次ステージへ。

出たバルーン。


最後に待っているのは、円形状ドーム全体にインスタレーションが広がる、まるでプラネタリウムのようなフロア。寝転がって見れます。

【Floating in the Falling Universe of Flowers】




こんな感じ。

全体的に暗がりで、インスタ映えを狙った写真を撮るのは難しそうです。

綺麗な写真が撮れたり、順路が決まっていないので迷路のように楽しめるという意味でも『チームラボボーダレス』の方がオススメかなと。

関連記事:究極のインスタ映え『チームラボ ボーダレス』を撮り尽くしてきた

『チームラボ プラネッツ TOKYO』へのアクセス

<住所>
東京都江東区豊洲6-1-16

新豊洲駅より 徒歩1分
(ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線)
豊洲駅より 徒歩10分
(東京メトロ有楽町線)

<会期>
2018年7月7日 – 2020年秋

<時間>
平日 10:00 – 25:00
土日祝 9:00 – 25:00
※最終入場 24:00

<公式サイト>
https://planets.teamlab.art/tokyo/

記事を書いている人

ノリオメモ(@noriomemo )

株式会社NOOE.TOKYO 代表取締役兼COO。美容健康系メディアなどの運営を経て、2018年5月、起業家と投資家をマッチングさせる『CHAINS』をローンチ。

2018年7月からはオンラインサロン『ノリオンラインサロン』を主催。遊ぶことに命かけてる。アソ部主催。

 
記事広告や体験レポート執筆などのご依頼はいつでもお待ちしております。新しいサービス大好き。

詳しくはこちら

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

ごはんメモ:欧風カレー ボンディ 神保町本店

#はあちゅうサロンから派生した『名も無きサロン』のセミナーを終え、いつものメンバーで神保町のボンディへ。 こちらのビルの2階。 土曜日の18時頃。10人くらい並んでいましたが、平日はもっと並んでいるそ …

『JAGDA学生グランプリ2018』レベル高ッ

ミッドタウンタワー内デザインハブで開催されている『JAGDA学生グランプリ2018』に行ってきました。 今回のテーマは「手」です。 場所がわかりにくいからか、台風だからか、まさかの無人。 これだけの規 …

GINZA SIXの屋上庭園をチームラボが彩る『呼応する木々』に行ってきた

今、銀座シックスでは、屋上でチームラボのインスタレーションをやっていて、木々が下から照らされるさまざまなライトによって、瞬間瞬間でいろんな顔を見せてくれます。 銀座シックス内のエレベーターで屋上まで行 …

ノリオのVALU日記 #35『狩猟免許試験準備講習会へ申し込み』

ようやく次は事前講習会の申し込みです。 関連記事:ノリオのVALU日記 #34『狩猟免許試験に向けてどう勉強すればいいのか』 改めて電話で銃砲店のガンショップ・トーシンに確認。 俺『狩猟免許試験準備講 …

ノリオのVALU日記 #15『VALU勉強会 Part.5』

Q.アカウントを終わらせる時に保有しているVAはどうなるの? A.死んじゃった場合。これが資産として認められれば、誰を相続されるのかとかを入力させる欄を設ける可能性もあります。 退会しちゃった場合は上 …

CHAINSオリジナルTシャツを着た人たち

5月、ひっそりとオープンした『CHAINS』。 3月に行った、ノリオVALUの優待「CHAINSオリジナルTシャツ届いたぞー」の投稿をシェア。 もう少し撮り方を考えなくては。 僕の撮り方はさておきこの …

田口和奈「エウリュディケーの眼」(#雑レポート)

2019年5月8日(水)からvoid+で開催中の田口和奈『エウリュディケーの眼』 田口和奈氏は1979年東京都生まれのウィーン在住アーティスト。雑誌などから見つけた画像や、自身が撮影した写真のパーツを …

人気のページ

アーカイブ


TOP