ノリオメモ

裸足で体感する『チームラボ プラネッツ TOKYO』に行ってきた

投稿日:2018年7月31日 更新日:

先日『チームラボ ボーダレス』についての記事を書きましたが、中2日で『チームラボ プラネッツ TOKYO (teamLab Planets TOKYO) DMMcom』にも行ってきました。

関連記事:究極のインスタ映え『チームラボ ボーダレス』を撮り尽くしてきた

『チームラボ ボーダレス』の記事でも書きましたが、『チームラボ プラネッツ』でも、行く前の注意点を自分なりにまとめてみました。

『チームラボ プラネッツ』攻略への道

時間帯まで予約

『チームラボ ボーダレス』では、日にちの予約のみなのですが、『チームラボ プラネッツ』では、時間帯まできっちり決まっていますので注意です。

スカート厳禁

『チームラボ ボーダレス』もそうですが、鏡を上手く使うことで上下左右への奥行きを演出しています。

地面が鏡張りになっている部分も多く、スカートで行くと結構恥ずかしい感じになるので注意です。
(パンチラ注意)

長ズボン厳禁

『チームラボ プラネッツ』では、水深30cmほどの水に入るフロアがあるので、長ズボンは厳禁です。

まくれるようなものにするか、半ズボンなどがオススメ。

一眼レフ注意

上にも書きましたが、水に入るフロアがあります。スマホはスマホケースを借りることができますが、もちろん一眼レフは入らないので注意が必要です。キャップを落としたりとかマジで気をつけてください。

裸足で体感する『チームラボ プラネッツ TOKYO』に行ってきた

場所は新豊洲。

ちなみに私は豊洲駅から歩きました。
(10分くらい)

コーンがブラックでかっこいい。

チームラボウォーター。
(500ml)

防水スマホケースを渡されます。
(出口で返却)

中に入ると、注意事項等の説明を受けます。

そしてGO。

こちらはロッカー。ロッカーに荷物を入れて、裸足になります。

ここからは暗闇ばかりなので、写真はほとんど撮れていません。

『チームラボボーダレス』と違い、きちんと順路が決まっています。

謎の滝。

こちらは床が全部堕落ソファー(ビーズクッション)になっている、不思議な空間。ここを通らないと先へ進めません。

ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ブラウン PCM-6512T
フレックス販売 (2012-05-14)
売り上げランキング: 440

そして先へ進むと…

【Wander through the Crystal Universe】

チームラボといえばこれ。って感じなんですかね?まぁ何回見ても素晴らしいですよ。

毎秒、見せる表情が違うので、ずっと見ていられます。

ちなみに床がミラーなんですけど、裸足でも歩いてもまったく汚れが付かないようにコーティング加工されています。

操作してみました。

そしてさらに進むと…

水深30cmほどの水。

鯉が泳いでいるインスタレーション。


別ルートにこんな展示まで。

抜けると、足を拭いて次ステージへ。

出たバルーン。


最後に待っているのは、円形状ドーム全体にインスタレーションが広がる、まるでプラネタリウムのようなフロア。寝転がって見れます。

【Floating in the Falling Universe of Flowers】




こんな感じ。

全体的に暗がりで、インスタ映えを狙った写真を撮るのは難しそうです。

綺麗な写真が撮れたり、順路が決まっていないので迷路のように楽しめるという意味でも『チームラボボーダレス』の方がオススメかなと。

関連記事:究極のインスタ映え『チームラボ ボーダレス』を撮り尽くしてきた

『チームラボ プラネッツ TOKYO』へのアクセス

<住所>
東京都江東区豊洲6-1-16

新豊洲駅より 徒歩1分
(ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線)
豊洲駅より 徒歩10分
(東京メトロ有楽町線)

<会期>
2018年7月7日 – 2020年秋

<時間>
平日 10:00 – 25:00
土日祝 9:00 – 25:00
※最終入場 24:00

<公式サイト>
https://planets.teamlab.art/tokyo/

記事を書いている人

ノリオメモ(@noriomemo )

株式会社NOOE.TOKYO 代表取締役兼COO。美容健康系メディアなどの運営を経て、2018年5月、起業家と投資家をマッチングさせる『CHAINS』をローンチ。

2018年7月からはオンラインサロン『ノリオンラインサロン』を主催。遊ぶことに命かけてる。アソ部主催。

 
記事広告や体験レポート執筆などのご依頼はいつでもお待ちしております。新しいサービス大好き。

詳しくはこちら

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

映画『PET 檻の中の乙女』は、ただのストーカー映画とは一味違った

映画『PET 檻の中の乙女』鑑賞。 導入としては、ストーカーの狂った愛なんだけど、だんだんと女の正体が明らかになり、マインドコントロールの逆襲が始まるという感じ。 ゴーン・ガール好きなら好きなはず。 …

マンション駐車場の排気ガス問題で困っているので交渉してみた(ウェリス川崎大師)

はじまりは約2年前。 祖母の家の横に大きなマンションができました。 ウェリス川崎大師。 マンションができたのは知っていたのですが、まさかこんな問題が起こっていたとは… 実はマンションの駐車場と祖母の家 …

ビーチテニスを体験してきた

V-SPORTS PROJECT – ベンチャースポーツでスポーツライフを豊かに Vスポーツでビーチテニスを体験してきました。 以前もラクロスも体験した場所ですね。 ビーチテニスとは、『ビーチバレー』 …

QRコードを読み込むだけの展覧会!開発好明『QRコード Quick Response』に行ってきた

今回紹介するのはQRコードを読み込むだけの展覧会、開発好明『QRコード』です。 たまたまネットで記事を見て『おもしろそー』と思い、早速初日に行ってきました。 QRコードを読み込むだけの展覧会!開発好明 …

がむしゃらに前へ進め!『BLUE GIANT(ブルージャイアント)』を読んで

『BLUE GIANT(ブルージャイアント)』読了。人にオススメされたので、一気に10冊読み。 BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス) posted with amazlet at 18.0 …

映画『15時17分、パリ行き』が想像していた内容と違いすぎてビビった

映画『15時17分、パリ行き』鑑賞。 実在する事件であると同時に、主役の3人がその事件に巻き込まれ張本人であることが話題になった映画。実話が映画化されることはよくありますが、主役を張本人が演じるなんて …

愛車がホテルに大変身?『HOTEL HIGHWAY』がなかなか使い勝手良さそう

HOTEL HIGHWAY | あなたの車が客室になる仮眠専用ホテル 『HOTEL HIGHWAY』は、運転に疲れた人用の仮眠専用ホテルです。 客室は自分の車 in 足柄サービスエリア。 リラクゼーシ …

人気のページ

アーカイブ


TOP