ノリオメモ

『アーバンサバイバル入門』は服部文祥の命に対する思想が込められている

投稿日:2018年12月1日 更新日:

前から読みたかったシリーズ。

服部文祥『アーバンサバイバル入門』。

アーバンサバイバル入門
服部文祥
デコ
売り上げランキング: 138,635

服部氏は『情熱大陸』や『クレイジージャーニー』など、たまーにテレビに出たりもするので、登山愛好家以外の人の知名度も高いかと思います。

その生き様やサバイバル能力がわかりやすく面白い。ということで手にとったこの本。

まず大前提として、私は登山には興味がないし、服部氏のような生活は生まれ変わってもできません笑

虫すら触れないですし…

ただ鶏を捌いてみたり、狩猟免許を取得してみたり、ディスカバリーチャンネルの『MAN vs. WILD』や漫画『山賊ダイアリー』を熱心に読んだり、そういうものへの憧れは結構強いんです。

関連記事:ノリオのVALU日記 #44『狩猟免許試験本番』
関連記事:【閲覧注意】鶏を自分で絞めてみたよ

でもやっぱりこういうのは田舎への旅行と一緒で、【たまにやるから】良いんだと思います。毎日自給自足生活は私には無理です。

服部文祥の命に対する思想

著者が今の家に住み始めたのは2009年から。以前は賃貸の平屋に住んでいたが、大家さんに「親戚が住みたがっているので、出ていってほしい」と言われた事情から、不動産屋で新居を探し始めたのがキッカケだそう。

服部氏の著書を読むのは初めてですが、文章がすごく詩的で情緒溢れています。
(サバイバルキチガイかと思っていました)

「昭和世代が口にするような、小さな生き物をオモチャにした遊びはほとんどすべてやった。カナブンの首に糸を付けて飛ばすなどは初級向き。

カエル、トカゲ、カナブン、セミ、バッタはすべて野球のボールになった。

ある日、アリの巣に水を流し込んで遊んでいた。うまく水が入っていかなかいので、ゴミ置き場にあった台所洗剤の容器に水を入れ、アリの巣に注ぎ込んだ。
しばらくするとわらわらとアリが巣から出てきて、すべて死んだ。死んだアリで地面が黒く染まるほどだった。巣の中にこんなにもアリがいるのかという発見と、稀釈した洗剤が昆虫にたいしてこれほどに殺傷力を持つのかという驚き」

そして著者は昆虫の命で遊ぶことに対しての、昆虫への愛も語っている。

「偽善に聞こえるだろうから書くのにも抵抗がある。ただ、昆虫少年は、虫が憎くて殺すのではない。いうまでもなくその逆である。

快楽のために、生き物の命を意味もなく奪うのが、残酷であることには同意する。だが同時に、残酷が悪いことであるという常識を私は疑っている」

ニワトリを飼う

著者がニワトリを飼い始めたのは2012年。

雑食のニワトリが、草食動物以上に人間の生活にぴったりだったからだそう。

『ニワトリの絵本』を読んで、すぐに固まったらしい。。。。

ニワトリの絵本 (そだててあそぼう)
農山漁村文化協会
売り上げランキング: 820,169

「うまくいかなかったら食べちゃえばいいじゃん」というのも著者らしい。

ヒナは『ピヨピヨカンパニー』という、ネットショップ。

孵卵器・ひよこ・鳥用品販売、鳥オークション【ピヨピヨカンパニー】

日中は庭に放し、エサは残飯と庭の草や虫、そしてネット購入している配合飼料。

雄は基本的に食べてしまい、雌には卵を産んでもらう。

「冬から春にかけては、山で仕留めたシカの内臓や雑肉、骨、脊髄を与える。シカを食べさせると卵の味が格段によくなる。とくに脳みそを食べさせると濃厚になる

シカの脳みそを食べた濃厚な卵…食べてみたい…

また産卵数が落ちたり、病気になった鶏は早めに食べるそうだが、情が移ってしまい、潰し難い場合もあるらしい。

著書では、締め方から捌き方まで、丁寧にカラー写真付きで解説されています。

ちなみにここでは割愛しますが、著書は他にも西洋ミツバチや、たくさんの野菜や果物を育てています。

外来種をつかまえて食べる

著者は外来種までもつかまえて食べることがあるそう。

若干気持ち悪いが、美味しいのなら食べてみたい気持ちもある笑

ちなみに著者がつかまえて食べている外来種は以下。

・ミドリガメ
・ザリガニ
・ヘビ
・ウシガエル
・ハクビシン

ちなみに外来種は法律上、生きたまま運搬するのが禁止されているらしい。

著書では、これらの外来種の【捕獲】【解体】【食べ方】をカラー写真付きで解説。

カメ鍋、ザリガニの塩茹で、ハクビシンの丸焼き、どれも美味そうだ。
(ハクビシンが食べれるなんて初めて知った)

野生動物について

「野生肉の味は、性別、年齢、季節、地域、エサ、健康状態、気象などさまざまなことに影響を受ける。それゆえひとつの個体を食べて、その味が、その種の味だと決めつけるのは早計である」

著者がいかにさまざまな野生動物を食してきたかが伝わります。

また、野生動物を美味しく食べるためのコツもたくさん記載されています。

・傷ついている時点でストレス物質が体内に溜まる
・心臓が動いている状態で捕獲
・心臓が止まってから時間が経っていると美味しく食べるのは難しい
・できるだけ頸動脈か大動脈を切る
・シカは心臓が動いているうちに放血
・その後、消化器官を傷つけないように内臓を出し、腹を開けて方熱
・血抜きができずに心臓が止まると肉の質が落ちる

シカの解体でも丁寧なカラー写真付き。

しかしシカの解体レベルまでくると、もう写真ではなかなかわかりにくい部分が出てくる。
(シカの解体する機会もないんだけど)

考えて、行動し、また考える

服部の文章はとても共感できる。山登りに一切興味ない私が「サバイバル登山ちょっとやってみたいな」と思えてくるほど。

「考えて、行動し、また考える。考えることと、体を動かすことは別のようで、つながっている。行動し、手応えがあったからこそ、思いつくことは多い。触ること、手に持ってみること、すこしやってみることでわかるというのは、誰でも経験があるだろう。そういうときは、脳で感じたり考えたりしているのではなく、体で感じ、考えている気がする。
もし体で考えている部分があるとしたら、身体能力が高いほど、思考力も高くなるはずだ。たとえば、重いものを持つ身体能力がなければ、重労働の感覚も自分の筋力を使う発想や工夫も生まれない」

本はものごとを照らす「思考の明かり」になってくれる

服部氏が【繰り返し手にとった参考図書】として挙げていた7冊。

小笠原昌憲『100万円の家づくり』

100万円の家づくり―自分でつくる木の棲み家
小笠原 昌憲
自然食通信社
売り上げランキング: 206,439

ジョン・シーモア『完全版 自給自足の本』

完全版 自給自足の本
完全版 自給自足の本

posted with amazlet at 18.11.30
ジョン・シーモア
文化出版局
売り上げランキング: 170,207

やまがみ よしひさ『ニワトリの絵本』

ニワトリの絵本 (そだててあそぼう)
農山漁村文化協会
売り上げランキング: 820,169

中島正『農家が教える自給農業のはじめ方』

農家が教える自給農業のはじめ方―自然卵・イネ・ムギ・野菜・果樹・農産加工
中島 正
農山漁村文化協会
売り上げランキング: 160,438

徳野 雅仁『自然流家庭菜園のつくり方』

自然流家庭菜園のつくり方
徳野 雅仁
JICC出版局
売り上げランキング: 541,965

『釣魚のおいしい料理法』

『本多勝一のこんなものを食べてきた』

本多勝一のこんなものを食べてきた! 小学生の頃
堀田 あきお 堀田 佳代 本多 勝一
朝日新聞社
売り上げランキング: 253,741

まとめ

著書は主に【衣】【食】【住】が紹介されていますが、【衣】と【住】はほとんど飛ばしました。

【衣】は、サバイバル登山をする上での防備など、【住】は横浜の自宅でのDIYが紹介されていますので、興味のある人には参考になると思います。

個人的には【食】の部分がとても面白かったですし、ちょっと他の本も読んでみようかしらと興味を持ったくらい。

ということでオススメ。

サバイバル登山入門
サバイバル登山入門

posted with amazlet at 18.12.01
服部文祥
デコ (2014-11-07)
売り上げランキング: 118,798

記事を書いている人

ノリオメモ(@noriomemo )

株式会社NOOE.TOKYO 代表取締役兼COO。美容健康系メディアなどの運営を経て、2018年5月、起業家と投資家をマッチングさせる『CHAINS』をローンチ。

2018年7月からはオンラインサロン『ノリオンラインサロン』を主催。遊ぶことに命かけてる。アソ部主催。

記事広告や体験レポート執筆などのご依頼はいつでもお待ちしております。新しいサービス大好き。

詳しくはこちら

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

保護中: ゲスの極みノリオ【VALUER用PASS必須】

ごはんメモ:オクシタニアル(ケーキ)

今回紹介するのはケーキ屋『オクシタニアル』。 インターネットを見ていたら、以前『マツコの知らない世界』で紹介されたというケーキ屋さんが出てきて、とても美味しそうだったので、行ってきました。 場所は水天 …

『「思いつく」を考える展』は優れたアイデアの裏側を垣間見れるぞ

前回書いた、リニューアルオープンした『アドミュージアム東京』の企画展、『「思いつく」を考える展』。 関連記事:リニューアルオープンした『アドミュージアム東京』へ行ってきた 新しいアイデアはふとした瞬間 …

スタバのりお日記

スタバたろう氏(@sutaba_taro )の影響でちょっとはスタバに興味を持った私。 去年はブラックエプロンストアに行ったり、今年の1月にはスタバのコーヒーセミナーに行ったりと、まったく興味がないわ …

原宿に期間限定オープンした『Galaxy Studio Tokyo』が無料の遊園地だった

今回は原宿に期間限定オープンした『Galaxy Studio Tokyo』に行ってきました。 原宿に期間限定オープンした『Galaxy Studio Tokyo』が無料の遊園地だった 会場はBANK …

犬鍋

今日は、むかーし食べた犬鍋のことを書きたいと思います。 『犬なんて日本で食べれるの?』 『犬を食べるなんて可愛そう』 いろんな意見があると思いますが、犬も牛も豚も鶏も動物です。そこに差異はないと思って …

幡野広志作品展『優しい写真』に駆け込んで

幡野広志作品展『優しい写真』に最終日に駆け込んできました。 そもそもこの展示会に行こうと思ったキッカケは、、、、 一つは、幡野氏がガンであるということ。 ガンになって気づくこと。 ( 写真 ) &#8 …

人気のページ

アーカイブ


TOP