ノリオメモ

くすぶっているすべての人のバイブルに|『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない! 』を読んで Part.1

投稿日:2018年9月9日 更新日:

今回紹介するのは『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』です。

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!
堀江 貴文
小学館
売り上げランキング: 4,498

久しぶりにズドンときました。

というのも「人生は金じゃない」なんて使い古されたような言葉は、今更感も甚だしいですが、わかっているようで実践できていない人が大半のこの世界で、改めて【お金とは何か】を教えてくれるバイブルとなっています。

またそれ以外にも、哲学的な教えも随所に盛り込まれおり、

「行動したいのにできない」
「何もかもうまくいかなくて自殺したい」

というような、くすぶっているすべての人に読んでもらいたいです。

また最初に書きますが、著書の中に引用したい文章が多すぎるので、できればこういった要約や書評ではなく、本を読んでもらいたいなと。内容的にはそこまでボリューミーではないので。

『闇金ウシジマくん』を読んでから読んだ方がいいか?に対しては、どちらでもいいと思いますが、一通り読んだ方が、著書の内容も理解しやすいかと思います。

普段漫画を読まない、ましてや完結していない漫画は絶対読まない私も43巻(最新巻)まで読了済みです。

闇金ウシジマくん(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2012-09-25)
売り上げランキング: 8,309

会社を辞められない会社員たち


©真鍋昌平 / 小学館

「会社員VSフリーランス」という構図は、ここ数年、かなりヒートアップしていますが、勿論、どちらが正しい、どちらが間違っているということはありません。

ただ問題は「会社を辞めたい」と思っている会社員です。

たまに相談を受けるのですが、「嫌なら辞めればいい」と言うと「でも〜」と言い訳をする。「辞められないのなら〜」と、何か副業として種まきができるような、たとえばYouTubeだったり、仮想通貨だったり、「ココナラ」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスを教えても、「仕事が忙しいから、時間あったら調べてみる」と、結局何もしない。

最近は「人間なんて所詮そんなもんだな」と思って、真面目に相談を受けること自体馬鹿らしくなってます。

「辞めたら負け」という思い込み

著書では、会社員についてこのように書かれています。

「雇われている側は、自分の頭で物事を判断する能力が奪われやすい」

入社当時は自分の頭で物事を判断していた人も、上司や会社に矯正調教されていくうちに、トップダウン思考が染み付いていってしまうのです。

たしかに会社員であるだけで、個人事業主より有利な部分はたくさんあります。

・毎月一定の給料が入る
・ローンが組める(個人事業主と比べて組みやすい)
・社会的信用も保証されている

これらを捨てられないかぎり、会社員を辞めることは非常に難しいです。

また「辞めたら負け」という、思い込みも少なからずあり、そこに無理に張り合って、毎朝会社へと向かっています。

会社員を否定するつもりは一切ありません。自分も会社員の時代がありましたから。

ただ会社員を辞めたいと思っている人は、一回辞めてみたら違う景色が見れると思います。給料が著しく下がる可能性はありますが、死にはしません。

バカの方が成功しやすいは本当か?

ホリエモンは常々「世の中の成功している社長はバカばっかり」「バカの方が成功しやすい」と発言しています。

これは「小利口は不安要素ばかり挙げて行動しないのに対し、バカは失敗を恐れないので、どんどん行動して成功への近道を行っている」というもの。

たしかにやるやらないを悩んだ時、「やらない」を選択してもその場に止まっているだけで、結局「やる」を選択したことで、学べたことはたくさんあります。

「やらない」を選択しても、何も得られないのです。

著書を読んでいて、たしかに不思議だなーと思うことがあります。

「会社を辞める」というリスクは取れないのに、ローンを組んで家を購入するというリスクは取れるのです。

2020年の東京オリンピックに向けて、都心の地価は上昇する可能性があるが、それは都心に限った話で、地方は一切関係ありません。

しかもこれからの少子化を考えれば、東京オリンピック以降、土地は下がる可能性の方が高いと個人的にも思います。

それでも1980年代の頃のように、いまだに「マイホーム」を夢見ているです。

会社員をしていると、上司や周りと比較して「自分だけ結婚していない」「自分だけ賃貸だ」と焦るものなのでしょうか。。。。

与沢翼について


©真鍋昌平 / 小学館

『闇金ウシジマくん』の「フリーエージェントくん」編の重要人物である、天生塾塾長・天生翔のモデルは、”秒速で1億円稼ぐ”でおなじみの与沢翼です。

ネオヒルズ・ジャパン 与沢翼責任編集長 (双葉社スーパームック)
双葉社 (2013-11-21)
売り上げランキング: 202,236

漫画内で天生翔は、月収100万円を謳い文句に情報商材を売りまくりました。

洋服や車や自宅など、これでもかというほど金持ちであることをアピールし人を惹きつけて、セミナーではどんな質問をしてもいつの間にか、気づいたら向こうの話になっていて、ストーリーじみているとのこと。。。。

情報商材の中身自体は、どうビジネスを起こすかというものではなく、同じような手法で人を集めるだけというから、まさに空っぽ。

それでも話を聞いた5%くらいは情報商材を購入するそう。

堀江氏は与沢翼について、このように書いています。

与沢のやっていたビジネスの先に、私はいない。
やりたいことが根本的に違う。
私はカネ儲けを目的に仕事をしたことは一度もない」

Part.2へつづく

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!
堀江 貴文
小学館
売り上げランキング: 4,498

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

熊谷亜莉沙『Single bed』(#雑レポート)

ギャラリー小柳で開催中の熊谷亜莉沙『Single bed』 熊谷亜莉沙氏は1991年大阪生まれのアーティストで、生と死、富裕と貧困など、人間のドロドロした部分をえぐって表現しているのが特徴的。 展覧会 …

一切野球経験ないけど野球してきた

ソクスポで野球してきました。 ちなみに私は一切野球経験ありません!! 今回は墨田区の錦糸公園野球場にて。 広々としてます。 着いたらすでにタッツがベテランメジャーリーガー感出して素振りしてました。 タ …

松村淳『滲みの風景』(#雑レポート)

1 2 3 記事を書いている人 ノリオメモ(@noriomemo ) 株式会社NOOE.TOKYO 代表取締役兼COO。美容健康系メディアなどの運営を経て、2018年5月、起業家と投資家をマッチングさ …

色部義昭展『目印と矢印』(#雑レポート)

銀座と新橋の間にある、リクルートGINZA8ビル1F『クリエイションギャラリーG8』で開催されている色部義昭展『目印と矢印』。 ピクトグラムパラダイス。 1 2 ところどこに撮影禁止のピクトグラムがあ …

ブラジル人アーティストのグループ展『DIALOGUE』

今回紹介するのは、銀座蔦屋書店内のアートギャラリー『THE CLUB』で行われている、ブラジル人アーティストのグループ展『DIALOGUE』です。 場所はGINZA SIX。 GINZA SIX内に蔦 …

とんかつは飲み物か確認したけどやっぱり食べ物だった

『とんかつは飲み物。』というお店がオープンしたのは2017年7月。オープンから1年5か月も経ってしまいましたが、ようやく行ってきました。 『カレーは飲み物。』は行ったことあるのですが、『とんかつは飲み …

山西牧場の美味しいお肉たち

今回は、#はあちゅうサロンで一緒ののぶさんがやっている山西牧場の紹介です。 何で山西牧場の記事を書くの? 以前、サロン内でお肉等をいただいたのですが、それが美味しかったのと、そのお礼を込めてです。 と …

人気のページ

アーカイブ


TOP