ノリオメモ

【閲覧注意】鶏を自分で絞めてみたよ

投稿日:2017年11月1日 更新日:

むかーし千葉県のワークショップで開催された鶏の解体作業。

キッカケは『天国はまだ遠く』に鶏を解体して食べるというシーンがあり(解体シーンはない)、その影響で『やってみたいー』となり、ネットで探して参加してみました。

『天国はまだ遠く』ではそば打ちのシーンもあり、この映画がキッカケで実際そば打ちも体験してきました。

【閲覧注意】鶏を自分で絞めてみたよ

場所は千葉県某所。

某所というのは、単純に忘れました。
(すっごい田舎だったのだけは覚えてる)

メンバー集まって早速鶏登場。

ビビっている人もたくさんいたが、私は美味しそうにしか見えない。

まずは鶏を締める作業から。

鶏の首をしっかり抑えてナイフで首を切ります。

この部分に関しては一応動画も撮ったのですが、非公開。
(こういうのをVALUER限定で公開していこうかしら。。。。)

首を切ると大量の血が出てきますので、鶏を逆さまにして血をボールに取ります(料理で使うため)。

血はとても新鮮で、少し経つと固まってきます。

足から吊るして血を全部出します。

血が全部出切ったら、熱湯に浸けて羽をむしりやすくします。

羽をむしる作業。

結構簡単にスルスル抜けます。

産毛をバーナーで軽く焼きます。

いざ解体。

ナイフで開いて部位別に分けます。

生食は解体の特権。

一番最初に採取した血を使って、レバニラならぬ血ニラ炒め。

【血ニラ炒め】って、検索で出てこないんだけど、農家的にはどれくらいポピュラーな料理なんだろ?

まとめ

まぁ料理教室みたいなもんです。

スーパーで売られている肉には何の抵抗もなく料理できるのに、生きている肉を前にすると人がたじろぐのは何でだろう。

もし私が殺人とかで逮捕されたら、このブログが紹介され、【平然と鶏を解体するサイコパス】とか言われるのだろうか。。。。

『命をいただく』とかそういうことよりも、『どうやって肉を食べればいいのか』など、その過程を知りたいという気持ちの方が強いです。

鶏の解体方法とか学びたい人はぜひ。
(あんまりやってないけど)

天国はまだ遠く [DVD]
天国はまだ遠く [DVD]

posted with amazlet at 17.11.01
よしもとミュージックエンタテインメント (2009-05-29)
売り上げランキング: 65,427

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

最近食べたものなどメモ

イタリア土産のポテチ。 うん、美味いよ。 ミニストップ。 うんうん、美味いよ。 ポッキー三重奏。 激ウマです。 ちょっと高いけど、たまにドンキで安いです。 こちらはシナボンの『シナボンクラシック』。 …

井上嗣也展『Beginnings』(#雑レポート)

銀座gggで開催中の井上嗣也展『Beginnings』 初日の夜に銀座に用事があったので見てきたのですが、オープニングパーティーがあったようで、たくさん人がいました。 人がたくさんいると引きの写真が撮 …

萩原清澄という男|『サービスマンという病い』を読んで

萩原清澄『サービスマンという病い』読了。 サービスマンという病い (幻冬舎単行本) posted with amazlet at 19.05.03 幻冬舎 (2016-07-06)売り上げランキング: …

関水英司『原初の種子』(#雑レポート)

ステップスギャラリーで開催中の関水英司『原初の種子』 関水英司氏は1952年神奈川県生まれ。 こちらの大きな作品。200万円。縦182cm、横455cmという超巨大作品!!圧巻です!! ちなみにステッ …

『東京大賞典』を見に東京シティ競馬へ行ってきた

以前からちょこちょこ競馬の記事を書いているのですが、実は私、競馬場に行ったことがありませんでした。 競輪や競艇、パチンコパチスロ、海外のカジノまで行ったことありますが、競馬場はいまだ未経験。 理由は簡 …

川村勝という男|『アウトレットブルース』を読んで

現在、本を絶賛処分中。 本って基本読み終わったら捨てるし、図書館という最高の施設が日本にはたくさんある。。。。んだけど、それでも良かった本、また読むかもな本、高かった本は、どうしても手元に残してしまっ …

超能力で味が変わる謎のたこやき屋さん『パワーブレンドTANAKA』へ行ってきた

今回はアソ部で、超能力で味が変わる謎のたこやき屋さん『パワーブレンドTANAKA』に行ってきました。 場所は南千住。 まさかの乗り過ごし… 折り返して南千住へ。。。。 南千住駅の西口を出て、デニーズと …

人気のページ

アーカイブ


TOP