ノリオメモ

メディア・アートパフォーマンス『藤井直敬+GRINDER-MAN+evala《Neighbor》』を体験してきた

投稿日:

前回の記事の続き。

関連記事:『オープン・スペース 2017 未来の再創造』は無料でメディア・アートを堪能できる

もともとはこのイベントを体験したかったんです。

現在の私たちのコミュニケーションは,テクノロジーを通じてオンライン/オフラインを含め,様々な形をとっています.特に私たちのコミュニケーションのかなりのヴォリュームを占める,SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サーヴィス)などにおける非同期のコミュニケーションは,私たちを孤立させ分断するのではないかと危惧する声も少なくありません.

《Neighbor》は,脳科学者,パフォーマンス・グループそして音楽家の協働によって生まれた,ダンサー2名と体験者2名によるメディア・アート・パフォーマンスです.主観的な時間と空間を操作するSubstitutional Reality(SR)技術*を用い,コミュニケーションの新しいかたちを作り上げることを目標として制作されました.《Neighbor》を通じて個々の体験者の間に立ち上がるユニークな関係性は,テクノロジーが私たちのコミュニケーションに与える新しい可能性を示しています.

neighbor.grinder-man.com

ネットで発見して『絶対面白いやん!!』と思ったものの、すでに当日の13時だったので、念のため電話で体験の枠が残っているかICC(NTTインターコミュニケーション・センター)に確認。

俺『まだネイバーの体験のチケットって残ってますか?』
ICC『男性は最終の17時30分からのみ残ってます。ただ取り置きができないので、来ていただいて受付していただく必要があります

ということで急いで出発。

新宿駅着

新宿駅から再び電話確認。

俺『まだネイバーの体験のチケットって残ってますか?あと15分くらいで着くんですけど』
ICC『男性は最終の17時30分からのみ残ってます。ただ取り置きができないので、来ていただいて受付していただく必要があります』

ということで15分くらいで到着。

受付。

ICC『申し訳ございません。男性の方は受付終了になってしまいました』

!!!!

間一髪で受付終了してしまいました。

せっかく来たので、仕方なく鑑賞だけしていくことに。。。。

1回のステージが6分くらい。

順番にステージをやっていて、観覧は自由にできます。

しばらくすると、次に体験するはずの男性がいないことに気づく。

もしや、、、、帰ったんじゃ?

そして3分くらいして、

ICC『この中でどなかた体験されたい方いらっしゃいませんでしょうか?』

俺『やりたいやりたい!!』

食い気味で叫ぶ私に若干会場に笑いが起こったが、スタスタとステージへ向かう私。

もう体験はできないと思っていたのが、急遽棚ぼたでやってきましたよ。

体験中の私。

ステージに放り込まれるのはあんまり好きじゃないですが、やっぱりこういうのは体験しておかないとね。

ステージの左右に出てくる映像には、VR内で見ている映像が流れてるのですが、VR内では実際の前の風景や映像が切り替わって出て来ます。

目の前で女性と握手しているのに、映像でそれが男性に変わってりして、不思議な映像体験ができます。

<クレジット>
製作・監修
藤井直敬
構成・演出・映像
タグチヒトシ(GRINDER-MAN)
振付
伊豆牧子(GRINDER-MAN)
音楽・サウンドデザイン
evala
出演
京極朋彦、花島令
照明
藤原康弘
SRシステム デザイン
濱條貴光
衣装
中村実樹
サポート
永渕裕康
プロダクションマネジメント
小山田サトル、天野悠二(GRINDER-MAN)

製作・監修の藤井直敬って株式会社ハコスコ代表取締役か。

しかもTwitterフォローしてたし。。。。
@NaotakaFujii

拡張する脳
拡張する脳

posted with amazlet at 17.11.06
藤井 直敬
新潮社
売り上げランキング: 257,712

まとめ

棚ぼたで降ってきたのが幸い。

元々17時半の枠しか残ってないと言われていたので、それをやっていたら、間に1時間以上空いちゃうので、一旦新宿駅まで戻ろうか悩んでいました。

しかし棚ぼた体験で16時に体験できたので、体験を終わらせそのまま新宿に戻るという、かなり効率の良い行動ができました。

かなり斬新なVR体験でしたし、すでに終わってしまっているイベントですが、また次回機会があったらぜひ。

鑑賞するだけでは見えない景色がありますよ。

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

保護中: 【VALUER限定】白馬さんについて

治験に行ってきたよ

皆さんは『治験』というアルバイトをご存知だろうか? 治験とは『治療試験』の略で、発売前の薬を分析する試験のことである。 多くは薬を投与してその経過を観察するという感じ。 おそらく『聞いたことはあるけど …

REFTOKEN(レフトークン)のアフィリエイトプログラムは自動承認

イケハヤ氏のブログを見てると怒涛の勢いでトークンセールに参加してますね。 私はイケハヤ氏を仮想通貨キュレーターとして、イケハヤ氏が厳選したものの中から、さらに自分でピンときたものを購入したりしています …

ニコラス・ハットフル『こころの温度』(#雑レポート)

銀座シックス内6階にあるギャラリーTHE CLUBにて開催中のニコラス・ハットフル『こころの温度』 ニコラス・ハットフルはロンドンを拠点にして活動しているアーティストですが、実は日本生まれ。 映画監督 …

VRコンテンツの祭典『東京VRコンテンツfes.2017』に行ってきた

7月は『VR月間か』というくらいVRを堪能した気がします。 本日は御茶ノ水で開催されたVRコンテンツの祭典『東京VRコンテンツfes.2017』に行ってきました。 こちらのイベントは、VR開発の先進企 …

仮想通貨とトークンと薄く広く買ってみた2(2017年9月)

昨日の続き。 関連記事:仮想通貨とトークンと薄く広く買ってみた(2017年9月) ではビットフライヤーにアクセス。 仮想通貨とトークンと薄く広く買ってみた2(2017年9月) ビットフライヤーで買える …

普段YouTubeを見ない私が『YouTube FanFest 2018 #YTFF』に行ったら、YouTuberの人気に圧倒された

あやかちゃんに誘ってもらい、『YouTube FanFest 2018 #YTFF』というイベントに行ってきました。 ちなみに私は普段、YouTuberの番組を見たことがありません。 以下が出演者です …

人気のページ

アーカイブ


TOP