ノリオメモ

LetterPot(レターポット)について考えてみる

投稿日:2018年1月3日 更新日:

最近、サービススタートしたばかりのLetterPot(レターポット)。

これはキンコン西野氏がクラファンで集めた費用でスタートさせたサービスです。

1,000万円以上集めてるあたりはさすがです。
(いくら著名な人が募ったって、集まらないものは集まらないですからね)

『要らない誕生日プレゼントをたくさん貰っても、部屋が狭くなるだけですし、家に遊びに来るかもしれない友達からの贈り物だから捨てるわけにもいきません。
ただ、「要らない」と言ってしまうと、相手の機嫌を損ねてしまいます。』

キンコン西野の新サービス『レターポット』の開発費用を集めたい – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

これは自分も昔から疑問に感じていることだったりして、昔、親から誕生日を祝うというので1階のリビングに呼ばれたのですが、その時、私は自分の部屋で『今はいい』と断ったことに対して、『せっかく祝ってるんだぞ』というような怒られ方をした記憶があります。

その時『誰のための誕生日?』という疑問が残り、今現在もさまざまな場所で『それ誰への気遣い?』という疑問として遭遇します。

プレゼントは【貰った人のため】なのか【あげる自分のため】なのかを明確にした方がいいですね。

後者なら後者でいいと思うのですが、どうも混同してしまっている人が多すぎる気がします。

LetterPot(レターポット)について考える

そしてようやく本題へ。

まず、私もLetterPot(レターポット)に登録してみました。

レターポット – LetterPot (α)

Facebookアカウントで登録できるので結構気軽に登録できちゃいます。

ノリオさんのレターポット | LetterPot (α)

さて、このLetterPot(レターポット)ですが、今後はどのような形で広まっていくでしょうか。

たとえば結婚式などでよく送られる祝電。

祝電はだいたい一通1,000円くらいが相場ですが、これをレターポットに置き換えたらどうでしょうか。

通常の祝電だと、披露宴で読み上げて手紙を貰って終わり。

しかしレターポットを送れば、それがそのまま【価値のあるもの】として送ることができます。

祝儀も兼ねて長文でレターポットを送るとかも粋かもしれません。

また西野氏が書いていましたが、被災地への折り鶴など。

私は感情論や非科学的なものが嫌いだから特に強く思うのかもしれませんが、被災地の人は折り鶴なんか欲しくないと思ってます。

かといってその瞬間にレターポットが欲しいかはわかりませんが、レターポット自体に価値が付けば、金銭としての寄付をしているのと一緒ですよね?

そういう意味ではアリかもしれません。

ちなみに送りたい相手がレターポットをやっていなかった場合でも、SMSで送ることができるようです。

今後、このレターポット自体が価値を持ち、このレターポットで買えるものがでてきたりするかもしれません。
(あくまで手紙なので、仮想通貨的にレターポットが値上がりするとは考えにくいですが)

ちなみに私のレターポット。

誰からもお手紙いただいておりませんので、いつでもお待ちしております。

ノリオさんのレターポット | LetterPot (α)

<追記>

ふとレターポットを見たら、そんぷ~ @香港さんからレターポットをいただきました。

そんぷ~さんはTwitter上では鋭いコメントが目立ちますが、優しいお手紙でした。

そんぷ~ @香港さんのレターポット | LetterPot (α)

ちなみにレターポットが届くと、登録したメールアドレスにメールが届くんですね。

レターポットの後に気づきました。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告
西野 亮廣
幻冬舎 (2017-10-04)
売り上げランキング: 127

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

ごはんメモ:道頓堀赤鬼 原宿店

先日のアソ部パーカー撮影会で急遽、訪問したたこ焼き屋さん。 関連記事:アソ部パーカーを着て撮影会をしてきた 現在、プレオープン中で、全品100円引き。 左が岩塩味、右上が醤油味。 岩塩味って初めて食べ …

『死役所』が面白い!!

ゆかりん(@kekkyokujiyu )からオススメされた『死役所』がとても面白かったのでシェア。 市役所ならぬ『死役所』は、自殺、他殺、病死、事故死、寿命、死産など、あらゆる【死んだ人】の手続き役所 …

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)が伝える哲学とメッセージ『GET A LIFE!』

ラフォーレ原宿にてヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)の展覧会が開催されるということで行ってきました。 『ラフォーレ』って森ビルが運営しているんですけど、フランス語で【森 …

渋谷 敦志写真展「まなざしが出会う場所へ —渇望するアフリカ—」(#雑レポート)

東京ミッドタウン・ウェストにあるFUJIFILM SQUAREは、六本木乃木坂を行くと必ず寄るギャラリーの一つ。 今回は、渋谷 敦志写真展「まなざしが出会う場所へ —渇望するアフリカ—」 渋谷敦志氏は …

小林正人『画家とモデル』(#雑レポート)

シュウゴアーツで開催中の小林正人『画家とモデル』 入るといきなり壮大な絵画が。 展示方法もなかなか斬新。 iPadからは制作風景の映像が。 こちらも壮大な絵画。 小林正人『画家とモデル』へのアクセス …

#飯メモ:コメヌカフェ(KOMENUCAFE)

表参道を歩いていたら目に入った広告。 100円!? 駅からすぐだったので行ってみました。 この日は甘酒パイン味が100円。 コメヌカバー。 うめえ。 完。 コメヌカフェ(KOMENUCAFE)へのアク …

レトルトカレーの宝庫『カレーランド』

『#はあちゅうサロン』でご一緒だった猪俣さん @sanaeinomata が経営されている『カレーランド』に行ってきました。 『アソ部珍食会』は、6月2日19時〜渋谷のCAMPFIREで開催です!! …

人気のページ

アーカイブ


TOP