オカリンメモ

Nirvana風の曲の作り方

投稿日:

高校生ぐらいのときに、自分で曲が作りたくてギターを触っていた。
そこらへんにある教則本を読んでコードの押さえ方を覚えてジャカジャカやっていたのだが、どうしても童謡のようなつまらない曲になってしまう。
そこで好きな曲と何が違うのか知りたくなった。

Nirvanaはかっこよくてギターが簡単なので初心者には丁度いいと思った。
コピーしていて教則本との違いに少しずつ気が付いていく。

教則本の知識では、メジャースケール、マイナースケールに縛られてしまい、ありきたりのメロディしか思いつかなかったのだが、動画にあるように、パワーコードのおかげでメジャー、マイナーを意識することなく、クロマティックに好きなようにコードが動かせるので、メロディのバリエーションが一気に増えた。

これは白鍵と黒鍵に別れている鍵盤ではなく、フレットを一つずらすだけで半音単位で移動できるギターのおかげでもあった。

例えばYMOの『Behind the Mask』のリフはギターなら簡単に弾けるのだが、鍵盤だと難しく感じる。
坂本龍一クラスになれば、自分の思っているイメージを鍵盤で操れるのだろうが、素人はそうはいかない。
しかしギターのパワーコードであれば簡単に音楽理論を飛び越えられた(ような気がした)。

もちろんこれは初歩の初歩なので、ちゃんとした音楽理論や、譜面にあらわせないサウンドやリズムというかグルーヴという話になると永遠のテーマになる。
子供の自由な遊びとしての音楽の話として聞いてもらいたい。

ともかく、3rdや7thだけでなく、全スケールを自由に使えるようになり、調を意識せずにリフを作り、そこに調を意識しないベースを加え、自分の好きなように歌えばいくらでも曲が作れる気がしたものだった。

しかしNirvanaのようないい曲が作れるかどうかは別で、Nirvana風の曲はできるのだがどうもしょぼい。
なぜだ。
ドレミで表せない部分の方が実はNirvanaらしさの本質なのではないか。
ということに気が付いて次のステップへ進んでいった。

だが、このときNirvana風と思っていたドレミで表せる部分のことの一部は動画で語られていることと同じだった。
もちろん他にもいろいろあるが、それはKurtの手癖のようなレベルで、いくら真似してもモノマネ以上の意味はないと思ってやめた。

本当にNirvana風の曲を作りたいのであれば、メジャースケール、マイナースケールに縛られず、クロマティックに音程を動かすことではなく、その音楽に対する姿勢を参考に、「自分の好きなように曲を作ることが、本当の意味でのNirvana風だ」ということにしてしまえば、何でもNirvanaだ。

スポンサーリンク

-オカリンメモ

執筆者:

関連記事

VALU、ヒカル騒動の結論

まずあのVALUヒカル騒動の結論としては、どちらも違法性があることをしたとは言えない。 さらにヒカル側はVALUの規約違反すらしていない。 つまり何も問題はなかった、というのが実情だ。 いや、問題はな …

Twitterとブログ

Twitterは140文字という制限があるし、つぶやくというぐらいなので、1行だけでも問題がないが、ブログってなんとなくまとまった内容を書かないといけないような気がしてしまう。 そのため、腰が重くなり …

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.2

【エスパー魔美】衝撃の問題作『リアリズム殺人事件』についてVol.1の続き 撮影現場に忍び込む ここは原作とアニメの違いは細かいところのみで、特に大筋には影響がない。 細かい違いと言えば、アニメでは高 …

vue.jsで回数を指定して配列を回す方法

vue.jsを使ってバインドした配列を表示する方法を公式のリファレンスを調べると、以下のようにある。

ただ、これだとitemsに格納さ …

行動派VS思考派とかって意味ある?

NYT記事「レイプ」「執行猶予付き判決」を誤訳した女性に、池内恵先生が誤訳を指摘したら、他の人達から噛み付かれまくってる これについて何か言おうかな、って思ったんだけど、 意外と話の裾野が広がりすぎて …

エスパー魔美にハマる(少しずつ更新予定)

エスパー魔美が面白くてハマってます。 きっかけはこのツイート。 観て欲しいアニメ。「エスパー魔美」の大好きエピソードをまとめました。個人的な、です。おわり。 pic.twitter.com/gQCc9 …

相棒がなぜこんなに面白いのか考えてみた

みなさん相棒好きですか? 水谷豊演じる杉下右京が活躍する刑事ドラマ、相棒ですよ。 面白いですよね。 なんでもそうだが、人が面白いとか楽しいとか好きだとか言うと いや、全然おもしろくねーし。見たこともな …

人気のページ

アーカイブ


TOP