ノリオメモ

原作福本伸行、作画かわぐちかいじ『生存 LifE』を読んで

投稿日:2018年9月29日 更新日:


原作福本伸行、作画かわぐちかいじ『生存 LifE』読了。

生存~Life~(1) (ヤングマガジンコミックス)
講談社 (2013-10-07)
売り上げランキング: 23,113

福本伸行の漫画は『カイジ』『銀と金』『黒沢』あたりは読みましたが、原作だけというのもあるんですね。初めて知りました。

NHKでもドラマ化されてますね。

あらすじ

末期ガンを告知された主人公。

実は妻も同じ病気で他界しており、壮絶な闘病生活を近くで見ていたので、人生に絶望し自殺を決意。
出典:生存 LifE

しかし同じタイミングで、14年前に行方不明になっていた娘の遺体が発見される。

娘の殺害事件の時効は半年後、自分の寿命も半年後。

残された命で犯人を探すという物語です。

父親の執念が犯人を追い詰める

まずはこちらのページ。

娘の遺体の画をここまで描けるのはすごい。
出典:生存 LifE

娘が行方不明になってから14年経過し偶然見つかった遺体。

警察内でもお蔵になっているような雰囲気を主人公は感じており、そんな不信感から自分で見つけ出すことを決意したようにも伺えます。

海の中で針を探すような気の遠くなるような捜査を、パズルを一つずつ埋めていくように地道にしていくことで、少しずつ手がかりを掴んでいきます。
出典:生存 LifE

やがて「のうのうと暮らしているはずの犯人が許せない」という警察も協力的になり、犯人を追い詰めていきます。
出典:生存 LifE

「警察が10年以上、遺体の発見も逮捕できなかった事件を、素人が半年で解決できるわけない。上手くいきすぎだろ」とツッコミながら読みましたが、犯人の心理描写など、福本作品独特の緊張感は読み応えありました。

同じタッグで『告白 CONFESSION』という作品もあるのか。読む。

2018.12.9追記。そして読んだ。

関連記事:疑心暗鬼な2人の手に汗握る殺し合い!!『告白~コンフェッション~』を読んで

告白 コンフェッション (講談社漫画文庫)
かわぐち かいじ
講談社
売り上げランキング: 130,979

記事を書いている人

ノリオメモ(@noriomemo )

株式会社NOOE.TOKYO 代表取締役兼COO。美容健康系メディアなどの運営を経て、2018年5月、起業家と投資家をマッチングさせる『CHAINS』をローンチ。

2018年7月からはオンラインサロン『ノリオンラインサロン』を主催。遊ぶことに命かけてる。アソ部主催。

記事広告や体験レポート執筆などのご依頼はいつでもお待ちしております。新しいサービス大好き。

詳しくはこちら

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

『なんでブログ書いてるの?』を考えてみた

いつもと違うテイストのタイトルですが、実はこれ『#はあちゅうサロン』の部活内イベントだったりします。 みんなで同じテーマでブログを書いて、それをみんなでシェアし合ったりするという企画なのですが、こうい …

【『お前の銃弾、あと何発?』 ~弾切れにならないためのインプットとアウトプット~】をpolcaで購入できるようにしたよ

先日、発売しました【『お前の銃弾、あと何発?』 ~弾切れにならないためのインプットとアウトプット~】。 関連記事:ノリオメモがKindle本(電子書籍)を出版したよ|お前の銃弾、あと何発? 現在、A …

ノリオのVALU日記 #39『Facebookが乗っ取られた』

ある日、ふとFacebookを開くと、 プロフィール画面が知らない女の子に!! まったくスマホ触ってない時間帯になぜかプロフィール写真変えられてる… その時間帯のログイン履歴見たら中国と台湾でログイン …

なぎなたに初挑戦

今回はアソ部でなぎなたに初挑戦!! 私はフリーペーパーで発見したわけですが、東京武道館のサイト内でも教室情報いろいろ出ているみたいです。 東京武道館 東京武道館は綾瀬駅から徒歩10分くらい。 発見。 …

山本”KID”徳郁の死について思う

山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます。尚、山 …

最近行ったお店(2017年10月)3

行ったけど別にSNS等に載せていない写真を絶賛整理中。 関連記事:最近行ったお店(2017年10月) ご飯のレビューとか感想って、食べてすぐ書かないと忘れちゃいますね。 今後は気をつけます。 最近行っ …

#飯メモ :はつね(西荻窪、タンメン)

『アソ部花見ない会』のスタート前。お腹の空いた我々は西荻窪駅南口にある『はつね』へ。 関連記事:#アソ部花見ない会 で、花を見ない花見をしてきた 昔は『パパパパパイン』という、めちゃくちゃ美味しいラー …

人気のページ

アーカイブ


TOP