ノリオメモ

原宿のヘビカフェ『東京スネークセンター』に行ってきた

投稿日:

今回は前々から行ってみたかった原宿にあるヘビカフェ『東京スネークセンター』に、#はあちゅうサロンアソ部メンバーで行ってきました。

場所は原宿。駅でいうと明治神宮前駅からすぐですね。

カラオケ館が入っているビル。

反対側はこんな感じ。

看板ありました。

エレベーターで8階へ。

入口。

店内に入ると、店員さんからお店の説明がされます。

料金は1,000円でドリンクが1杯付いてきます。

<ドリンクメニュー>
コーヒー ホット/アイス Coffee Hot/Iced
カフェオレ ホット/アイス Cafe au lait Hot/Iced
紅茶 ホット/アイス Tea(English Tea) Hot/Iced
フルーツハーブティー ホット/アイス Fruit Herb Tea Hot/Iced
フルーツアイスティー Fruit Iced Tea
オレンジジュース Orange Juice
りんごスカッシュ Apple Squash
マンゴーミルク Mango Milk

残念ながらコーラが無い…あと烏龍茶や緑茶などもないです。

そしてちょっと甘い系やアルコールは追加+100円や+200円などです。

店内。結構広々。

いろんなグッズが売られています。

抜け殻で金運アップ?

総選挙もやってました。

2人で1匹のヘビをテーブルに持ってきて鑑賞できます。

テーブルに持ってくるヘビは自由に交換できます。

黒光り!!

こわい!!


すごい柄。派手な柄は毒を持っているイメージが強いですが、あんまり関係ないようです。


ヘビの赤ちゃん。

ヘビと触れ合える

こちらの『東京スネークセンター』では、オプション料金を払えば、実際にヘビと触れ合うことができます。

【ふれあいオプション】
基本ふれあい料 2匹¥540(税込) 1名様1回当たり
ふれあいダブル 4匹¥1,080(税込) 1名様1回当たり
ふれあいおかわり 2匹¥540(税込) 1名様1回当たり
特別指名料 ¥1,080(税込) 1名様1回1匹当たり

ヘビと触れ合う時はこちらのソファーに移動。

あやか氏とじゅんじゅんがヘビ触ってました。



「ヘビを見てみたい」
「ヘビを首に巻いてみたい」
「原宿でゆっくりできるカフェに行きたい」

という方はぜひ。。。。

『東京スネークセンター』へのアクセス

<住所>
東京都渋谷区神宮前6-5-6
サンポウ綜合ビル8F

<営業時間>
11:00〜20:00
火曜定休

<電話>
03-6427-9912

スポンサーリンク

-ノリオメモ

執筆者:

関連記事

インスタグラマー必至?ナイトプールでパリピしてきた

なにぬねのりおだす。 Twitterとかでは『ノリオメモ』という名称なので、たまに『ノリオメモさん』とか言われて恥ずかしかったりします。 せっかくだから久しぶりにTwitterとInstagramのリ …

映画『15時17分、パリ行き』が想像していた内容と違いすぎてビビった

映画『15時17分、パリ行き』鑑賞。 実在する事件であると同時に、主役の3人がその事件に巻き込まれ張本人であることが話題になった映画。実話が映画化されることはよくありますが、主役を張本人が演じるなんて …

音を立てたら死ぬ!!映画『ドント・ブリーズ』がガチ怖サバイバル

映画『ドント・ブリーズ』鑑賞。 前から見たかったのに、こんなに経ってしまった。。。。 ところで、Netflixに【ダウンロード機能】があるの、みんな知ってました? 超絶いまさらNetflixの【ダウン …

オンラインサロンってどうやって開設すればいいの?

前回、私が投下した記事がこちら。 【サロン会費を全額運転資金にまわすオンラインサロン】をやりたい。 従来のサロンではトップにサロンオーナーがいて、箱の提供をしているイメージですが、集めた予算をそのまま …

ONE Championship『オフィスでパンチパンチナイト』へ行ってきた(#雑レポート)

ONE Championship『オフィスでパンチパンチナイト』へ行ってきました。 ONE Championshipってなに? ONE Championshipは、シンガポールの総合格闘技団体で、主に …

#飯メモ:オパン

先日、ネットで見つけて行ってきました。OPAN BAKERY。 【電話で取り置き可能】ということでお昼ごろ電話してみるも、2回ほど話し中で、ようやくつながりました。 ミルクフランスを取り置きして、閉店 …

フィリップ・マリニグ写真展『- KOKODE KAMIGAMI、ここで神々-』

今回紹介するのはフィリップ・マリニグ写真展『- KOKODE KAMIGAMI、ここで神々-』です。 『- KOKODE KAMIGAMI、ここで神々-』では、浮世絵師・木下大門氏とのコラボレーション …

人気のページ

アーカイブ


TOP